マッツ・レヴィン(Mats Levén)、ソロ・プロジェクトSKYBLOODについて話す

News
イングヴェイ・マルムスティーン(Yngwie Malmsteen)、CANDLEMASS、AT VANCE、TREAT、SWEDISH EROTICA、THERIONなどで活躍してきたマッツ・レヴィン(Mats Levén)が初となるソロ・プロジェクトについてひとこと。
イングヴェイ・マルムスティーン(Yngwie Malmsteen)CANDLEMASSAT VANCETREATSWEDISH EROTICATHERIONなど多くのバンドを渡り歩いてきたスウェーデン出身のボーカリスト、マッツ・レヴィン(Mats Levén)。

以前、リリース情報としてお伝えしたとおり、彼の初となるソロ・プロジェクトSKYBLOOD『Skyblood』が11月22日にNapalm Recordsからリリースされた。

今回はそのSKYBLOODについてThe Metal Gods Meltdownマッツ・レヴィンにおこなったインタビューから簡単にひとつふたつ拾ってみたので、アルバムを聴く時の参考にしていただきたい。


──経歴の長い彼がソロ・アルバムをリリースするまで時間がかかった理由とは

「もう長い間、自分自身で何かをやりたいことはわかっていた。でも20年前は、その何かをやるだけの知識や良い曲を書ける気もしなかった。それから何年も後、とくにこの5、6年はCANDLEMASSで活動してきたけど、ソロ・アルバムをリリースしようとは思わなかった。このバンドは歌が難しいから集中しないと彼らの活動の妨げになってしまう。CANDLEMASSにはこれまで多くのシンガーが出入りしてきているから、なんて言うかバンドの一部、チームになりたかったんだ。そして昨年バンドを脱退した後に起こったのがこのプロジェクト。ずっと長い間適切なタイミングを待っていたって感じだね」

──自分の名前ではなく、SKYBLOODとしたのは

「1年前に名前について考え始めたけど、どれも使い古されたものばかりで良いものはなかなか思いつかない。すべての始まりとなったのは、ジェームズ・ボンド(James Bond)が主人公の映画『007 スカイフォール』(原題:SKYFALL)なんだ。その短い言葉の響きが気に入っていたんだけど、そんなことも忘れてしまっていた。ところで私は血液(blood)が好きなんだけど、これこそ自分由来の真実であり、まさに自分そのものだからね。そして、仕上がったアートワークを見たときのことなんだけど、なぜか赤と青だけが塗られた下地みたいに見えた。その瞬間に衝撃が走ったんだよ、“SKYBLOOD”ってね」
SKYBLOOD『Skyblood』

SKYBLOOD『Skyblood』

2019年11月22日発売
レーベル:Napalm Records

◆収録曲
01. Skyblood Manifesto
02. The Voice
03. The Not Forgotten
04. Wake Up to the Truth
05. Once Invisible
06. One Eye For An Eye
07. Out of the Hollow
08. For or Against
09. Le Venimeux

SKYBLOOD - Out Of The Hollow (Official Lyric Video) | Napalm Records