ミック・マーズ(MÖTLEY CRÜE)のソロ・アルバムが来年4月に!

News
突然の活動再開で話題を振りまいているMÖTLEY CRÜE。そのギタリスト、ミック・マーズ(Mick Mars)が長年取り組んできたソロ・アルバムがついに2020年4月に登場することが本人のツイートで明らかになった。
現在、ツアー停止契約を破棄(爆破!)し、活動再開したことで話題を振りまいているMÖTLEY CRÜE

そのギタリスト、ミック・マーズ(Mick Mars)は少なくともこの4年間、断続的ではあるがソロ・アルバムの制作に取り組んできた。

このアルバムは彼が約6年間住んでいるナッシュビルのBlackbird Studioで作業されており、プロデュサーであるMichael Wagener (MÖTLEY CRÜEDOKKENOZZY OSBOURNEACCEPTWARRANTSKID ROW)と共にレコーディングが進められてきた。

2019年11月25日、ひとりのMÖTLEY CRÜEファンが、ミックのソロ・アルバムに関して完成間近であることを願うツイートをしたところ、以下のような返信がミックから寄せられた。

「誰も俺のソロ・アルバムを邪魔することない、絶対に。2020年4月に注目してくれ」

ついにおおよそのリリース・スケジュールが本人の口から明らかになったのだ!

しかし、アルバムの音楽性はまだ謎だ。彼がこれまでにTalking MetalBillboardで語った内容では、現代風のグロウルだらけのメタルでもなければ80年代風でもない。ましてやMÖTLEY CRÜEのようだったり得意のブルースというわけでもないと言う。ヘヴィなロックという漠然とした言葉も使っていたが、自分自身の中から新たな何かを模索しつつもミック・マーズならではのスタイルになるとのこと。