チャーリー・ベナンテ(ANTHRAX)が誕生日にPANTERAの曲を叩く

News
ANTHRAXのドラマー、チャーリー・ベナンテ(Charlie Benante)は自身の誕生日に行われたPHILIP H. ANSELMO & THE ILLEGALSのステージに上り、PANTERAの曲を演奏した。
11月27日が誕生日というANTHRAXのドラマー、チャーリー・ベナンテ(Charlie Benante)

今年の誕生日は、ラスベガスのMGM Grand Garden Arenaにて行われたPHILIP H. ANSELMO & THE ILLEGALSのステージに上り、観客から「ハッピー・バースデー・トゥー・ユー」の祝福を受けた。

その後、メンバーと共にPANTERA「Strength Beyond Strength」「Goddamn Electric」を演奏している。

Strength Beyond Strength - PHA & the Illegals w/ Charlie Benante from Anthrax

ANTHRAXPANTERAのメンバーの出会いはもうかれこれ30年以上前に遡る。その交友関係は、ダイムバック・ダレル(Dimebag Darrell)ANTHRAXのアルバムの中で何度もギター・ソロを弾いてきたことからもわかるだろう。

チャーリー・ベナンテが興味深いことを言っている。

「俺はいつもPANTERAダイムバック・ダレルヴィニー・ポール。そしてVAN HALENエドワード・ヴァン・ヘイレンアレックス・ヴァン・ヘイレンを同一視していて、PANTERAVAN HALENの生まれ変わりのようなものだと思っていた。彼らにはギター・ヒーローがいてドラマーも素晴らしいけど、ヴィニーについてはあまり知らない人もいるだろう。彼は技術的な側面でバンドに貢献していて、ダレルのギターと自分のドラムが潰し合わないようにイコライザーを調整していた。彼はバンドの頭脳でありメンバーをまとめる役割を担っていて、PANTERAをあそこまでの地位に押し上げた男なんだ」