シンフォニック・メタルPHANTOM ELITEがFrontiers Music srlと契約

News
EXIT EDEN、そしてAVANTASIAのステージ経験もあるMarina La Torracaがフロント務めるシンフォニック・メタルPHANTOM ELITEがFrontiers Music srlと契約。2020年にセカンド・アルバムを発表予定。
イタリアのFrontiers Music srlはPHANTOM ELITEと契約したことを発表。

PHANTOM ELITEは、EXIT EDEN、そしてAVANTASIAのステージ経験も持つブラジル出身のシンガーMarina La Torracaを擁するシンフォニック・メタル・バンド。

事の起こりは元AFTER FOREVERのSander Gommans(ギタリスト)が自身のプロジェクト・バンドHDKの曲をライブで演奏するために若いミュージシャンを集めたこと。それがきっかけとなってPHANTOM ELITEが誕生する。

よって、現在は表立ったメンバー扱いにはなっていないがバンドの影の功労者(作曲やプロダクション)としてSander Gommansが関与している。

PHANTOM ELITEは2020年中にセカンド・アルバムのリリースを予定しており、「モダンさにシンフォニックでプログレッシブさが合わさって、(かなり!)ヘヴィなリフとエピックなメロディが融合したインパクトのある曲の数々。様々感情と音楽への愛に溢れたものになっています。確実に私達のキャリアの中でも注目すべき良いものになります!」とコメントしている。

PHANTOM ELITE「Wasteland」

ファースト・アルバム『Wasteland』からのタイトル・トラック。