【密着レポート】30周年を迎えた土曜深夜最強のラジオプログラム『POWER ROCK TODAY 30th ANNIVERSARY Special 公開生放送』

Live Reports
bayfm『POWER ROCK TODAY』の公開生放送に密着。DJはもちろん伊藤政則、ゲストはOUTRAGE!
2019年10月5日、午後8時。本日は開局30周年を迎えたbayfmにやって参りました。

1989年10月7日、開局と同時にスタートした『POWER ROCK TODAY』も今日で30周年を迎えるということで、特別に公開生放送が行われるのです。DJはもちろん伊藤政則、ゲストはOUTRAGEの皆さんです。

以前に公開した『POWER ROCK TODAY』30周年記念インタビュー記事はこちらになります。
https://burrn.online/interview/895
 (17648)

午後8時頃にスタジオマリブのイベント会場に到着。すでに多くのスタッフの方々が会場設営などで忙しそうに仕事をしていました。さらに関係各所からたくさんの花が届いており、イベントスペースに飾られていました。
ズラリ並んだ花々がいい香り。

ズラリ並んだ花々がいい香り。

伊藤氏は着いてすぐにメールの確認です。

毎週、届いたメールにはすべて目を通しているそうです。プリントアウトされたメールの数もハンパではありません。もちろんメールは番組中も届くわけです。手紙も多少届くそうです。また、台本に細かな情報を書き込んでいきます。

スタジオにはリスナーの革職人の方からプレゼントが届いていました。素敵なカードケースが三種。なんと“PRT 30”の刻印入りです。

他にも差し入れが多数届いていました。ありがとうございました。
リスナーからのメールと台本などのチェック。

リスナーからのメールと台本などのチェック。

リスナーの革職人の方から贈られたカードケース。

リスナーの革職人の方から贈られたカードケース。

夕飯なう。

夕飯なう。

一通りの確認作業が終わると夕飯です。いつもはコンビニで売っているもので済ませているそうですが、今日はお祝いなので、伊藤さんお気に入りのいなり寿司。たいへん美味しゅうございました。

そうしているうちに21時半頃、名古屋からOUTRAGEのメンバーが到着。本日はアコースティック・ライブが行われます。
本日のゲスト、OUTRAGEの皆さんと。左から安井義博...

本日のゲスト、OUTRAGEの皆さんと。左から安井義博<b>、丹下眞也<ds>、NAOKI<vo>、阿部洋介<g>。

すぐにセッティング開始。

すぐにセッティング開始。

現在私はBURRN!ONLINEでライターを担当させていただいていますが、過去に『POWER ROCK TODAY』の電話オペレーターやADをやっていた経験があるという縁もあったりしまして、今回はフロアディレクターを務めさせていただくことになりました。緊張しつつも前説させていただきました。

24時45分、DJの伊藤氏が登場。立ちながらのトークは、往年のみのもんたのようなスタイルです。4時間の放送が間もなく開始しますが、伊藤氏は30年前のハガキを読んで会場を和ませたりしています。

25時。いつものように“Masa Ito”のテーマで番組開始。すぐにレコード会社の歴代“伊藤番”の方々が代わる代わる登場して思い出を語っていきます。
いよいよ放送開始となりました。

いよいよ放送開始となりました。

 (17481)

25時台にOUTRAGEが登場すると、会場の熱気がさらに高まりました。現在ニューアルバムのレコーディング中で、すでにドラムとベースの録音は終了しているとのことです。

シングルに収録されたJAGUARのカバー“Axe Crazy”、TANKの“Red Skull Rock”、そして彼らのオリジナル“Madness”の3曲が披露されました。生々しいサウンドに痺れます。おそらく2020年初頭にはリリースされるはずの新作がたいへん楽しみとなりました。次回は12/15のサウンドハウスですね。
「話が広がらない」と苦笑しつつも旧知のOUTRAGEと...

「話が広がらない」と苦笑しつつも旧知のOUTRAGEと楽しいトーク。

OUTRAGEによる珍しいアコースティック演奏。リアル...

OUTRAGEによる珍しいアコースティック演奏。リアルな音が最高でした。

 (17654)

 (17655)

OUTRAGEの皆さん、ありがとうございました!

OUTRAGEの皆さん、ありがとうございました!


この日はANTHEMやRIOTの公演が行われていました。終演後にここに来たリスナーさんに、レポートしてもらいます。RIOTはその日の音源が届いていました。

また、「ヘッドラインニュース」や「グランドカウントダウン」、「アーティストA to Z」のコーナーは、リスナーの方々が読んでいました。皆さん、しっかりと読んでくださいました。

その後はスペシャルな今夜の目玉のひとつ、“30年目のリクエスト”が読まれました。
伊藤氏のデスクの奥から出てきたという手紙で、今もそこに住んでいるのかどうかわかりませんが、杉並区の方からのリクエストです。

BGMにカテドラルをかけていた高田馬場のコンビニ。妙な店員さんに訊くと、“これをかけていると立ち読みの客がいなくなるんだよ”と言います。たしかに客は誰もおらず、、“暇だったら何か聴いてく?”と、ドリーム・シアター、レザーウルフ、カウントレイヴン、リヴァードッグス、パラダイス・ロスト、カーカスとわけのわからない選曲を流してくれたそうです。その店員さんはHMサウンドハウスのお客さんで、いつもヒーゼンをリクエストしているのに、伊藤さんは一度もかけてくれないと嘆いていたとか。そんなわけでリクエストはHEATHENの“Goblins Blade”。

面白いですねえ。番組に歴史があるからこそ、このような企画が出来るわけです。ちなみに元ネタは亀渕昭信さんの『35年目のリクエスト』であります。

それにしても4時間立ちっぱなしというのはかなりキツいです。気づけば私、膝がガクガクしてきました。それでも伊藤氏は元気よく喋り続けています。衰えぬ強靭な体力と精神力に脱帽であります。
リスナーさん登場。ラジオネーム「アンセム刑事」さんによ...

リスナーさん登場。ラジオネーム「アンセム刑事」さんによる本日行われた『LIVE CIRCUS vol.4』のレポ。

終盤はリスナーさんが持ってきたお宝コレクションを紹介。IRON MAIDENマニアの島田さんが持参したのは、ビールの販売スタッフが着ていたTシャツで、もちろんロゴ入りのオフィシャルです。TROOPER BEERが発売される以前のものであります。さすがの伊藤氏も「これは珍しい」とレア認定していました。

本日最後の曲はKeef Hartley Bandの“Too Much Thinking”。バイオリンのソロが入った、伊藤さんの大好きな一曲であります。

「30年間を振り返るにはまだ早い。これからまだまだやってみたいことがいっぱいあるので、あえて振り返ることはしない」と伊藤氏は最後に語りました。リスナーを巻き込んでの面白い番組作りに今後も期待しましょう。

そしてオーラスは伊藤氏の「ではまた来週」、から会場全員での「SEE YA!!」で締めくくられました。
島田さんによるIRON MAIDENのお宝コレクション紹介。

島田さんによるIRON MAIDENのお宝コレクション紹介。

このTシャツはビール販売スタッフが会場で着ていたとか。...

このTシャツはビール販売スタッフが会場で着ていたとか。激レアです。

これも見たことのないTシャツ。

これも見たことのないTシャツ。

『POWER ROCK TODAY』が土曜深夜最強のラジオプログラムであることに異論はないでしょう。30年も続くロック番組が他にあるのでしょうか。それにKeef Hartley Bandが流れる番組が他にあるのでしょうか。それがDREAM THEATREでも同じことです。私はこんな番組、他に知りません。

番組が終わった後は、リスナーの皆さんが整列退場します。すると伊藤氏は出口へ向かい、ひとりづつと握手、さらにサイズを訊いてTシャツを手渡していきます。OUTRAGEのメンバーがライブのときに着ていたものです。「え、もらえるんですか!?」と、皆さん驚いていました。リスナーの方々、本当にいい人ばかりです。

あらためまして30周年おめでとうございます。これからも聴き続けます。
 (17650)