夏のメロディック・メタル/パワー・メタルの祭典『Evoken Fest 2019』8月30日@渋谷 duo MUSIC EXCHANGE

Live Reports
夏のメロディック・メタル/パワー・メタルの祭典『Evoken Fest 2019』。その初日となる8月30日(金)の渋谷 duo Music Exchangeでの公演のレポート。

夏のメロディック・メタル/パワー・メタルの祭典『Evoken Fest 2019』。その初日となる8月30日(金)の渋谷 duo Music Exchangeに足を運んだ。これまでにも様々な「まだ見ぬ強豪」を招聘してきたこのフェス、毎年楽しみにしていたファンも多かったと思うが残念ながら招聘元であるEvoken de Valhall Productionが事業休止を発表したことで来年のフェスの開催がないことがアナウンスされている。ただ、廃業ではないので、事業復活の暁にはファンの皆が楽しみにしていたこのフェスが復活することを祈っている。

今年の『Evoken Fest 2019』のトップを飾ったのはVICTORIUS


会場に入るとこの日トップのVICTORIUSが既にステージにてパフォーマンス中。ジュラシック・パワー・メタル・バンドとの触れ込みのこのバンド、それだけならどんなゴツイ音を出すバンドなのかと構えてしまうファンもいるかと思うが、HELLOWEEN直系のメロディアスなパワー・メタル・サウンドで場内の反応は上々。少し甘めだがキャッチーでフックのあるサビとリフはかなり強みとなり、初見のファンもグイグイと引き付けている様にも見えた。

ラストはメタリックで爽快感溢れるメロディと共に駆け抜け、場内一体となるコーラスが高揚感を煽る“Metalheart”でフィニッシュ。曲名に絡めてメンバーはステージから手でハートマークを作り、ファンに満面の笑顔で感謝を伝えていた。メンバーに華があり、楽曲もプレイも良質だっただけに平日金曜日の17時のステージが惜しくも思えた。
 (17060)



●VICTORIUS 2019年8月30日@渋谷 duo Music Exchange

01.Dinosaur Warfare
02.Legend of the Power Saurus
03.Razorblade Raptor
04.Hero
05.Empire of the Dragonking
06.Lazer Tooth Tiger
7.Starfire
8.Metalheart

ロシアからEPIDEMIAが奇跡の来日


シンフォニックなSEと共にロシアからやってきたEPIDEMIAのメンバーがステージに姿を現す。ネットが普及しているとはいえ、情報が日本に入ってこないロシアのヘヴィ・メタル・シーン。彼らはロシアではシーンを牽引している人気の高いバンドであるが、そういったバンドのライブをこの日本で体験出来るというのは大変貴重なことである。

オープニングはツイン・ギターのハモリが心地よい“Zvon Monet”でショウはスタート。続く“Chas ispytaniya”ではイントロが鳴った瞬間に黄色い声援が飛び、ステージのメンバーもその声に嬉しそうに笑顔を見せる。
 (17105)


耳を引くのはサウンドのユニークさで、軸はクサめのメロディック・パワー・メタルなのだが、ロシア民謡を少し感じさせる哀愁エキスがジンワリと滲み出ていてそれが良い感じにアクセントになっている。ロシア語ならではの巻き舌節で情感を込めたなハイトーン・ヴォーカルも絶品。少しポップな“Zhizn'V Sumerkakh”、ヘヴィな縦ノリと泣きのメロディがユニークな“Vechniy Voitel'”とショウは続き、フロアの盛り上がりは右肩上がりだ。

ラストはメタリックな“Oskolki Proshlogo”でフィニッシュ。約30分のステージはこれからというところで終わってしまった感じもあり、まだまだ観たいという飢餓感がかなりあった。
 (17107)


●EPIDEMIA 2019年8月30日@渋谷 duo Music Exchange

01.Zvon Monet(Звон монет)
02.Chas ispytaniya(Час испытания)
03.Zhizn'V Sumerkakh(жизнь в сумерках)
04.Vechniy Voitel'(Вечный воитель)
05.Oskolki Proshlogo(Осколки прошлого)

スウェーデンからBLOODBOUNDが待望の初来日


ステージにはダニエル・ショーグレン<ds>が既にスタンバイしている。SEと共に大きく手を広げドラム・スティックをクルっと回しファンを煽る。場内の期待感が高まっていく中メンバーがメロイック・サインと共に登場。スキンヘッドのパトリック・J・セレビー<vo>は頭にツノを生やし、右目付近には悪魔を彷彿させる特殊メイクをしている。

シンフォニックなイントロから一気にツー・バス連打と共に疾走していく“Battle in the Sky”でスタート、せっかくのギター・ソロは機材トラブルで音がカスレてしまったのが残念だったが、ストレートな楽曲で掴みはOKといった風の盛り上がりを見せる。大きく腕を振り上げ力強いドラミングがグイグイと曲を引っ張っていく“In the Name of Metal”では勇ましいコーラスが観ている者の血をたぎらせるようだ。
 (17113)


パトリックがメロイック・サインを高く掲げる横で、アンダース・ブローマン<b>は首を扇風機の様にグルグル回しファンの目を引き付ける。フォーキッシュな“The Warlock’s Trail”では「ジャンプ!ジャンプ!」と陽気に会場を盛り上げ、弦楽器隊は3人並んでフォーメーション気味のアクションもバッチリとハマる。少しダークなメロディでエモーショナルな面を強調した“Moria”では先ほどの会場の雰囲気をガラっと変え、聴き入り熱気が静かに渦巻いている様子だ。

アニメ調のキラっとしたメロディで疾走していく“Dragons Are Forever”では投げキッスでファンに感謝の気持ちを表すパトリックにファンの手が伸びていく。更に煽れば演奏を上回るのではと錯覚させられるリアクションが返っていく。ドラゴン2連発となり更に場内をホットにさせた“Rise of the Dragon Empire”では縦ノリの強い明るいフォーク調のメロディに合わせてジャンプで盛り上がり、ステージ上では弦楽器隊がポジションを激しく入れ替えながら楽しそうに絡んでいる。
 (17115)


パトリックが感謝の言葉を述べると鐘の音が鳴り響きメロウなメロディが場内を包む。上手からローブ姿の怪物がステージに現れる。ステージ中央にやってくるとパトリックはひざまずき、その怪物に祈りを捧げるように朗々と歌い始める。シンバルの音が大きくなると共に「Scream For NOSFERATU!」と叫ぶパトリックと共に“Nosferatu”が展開されていく。IRON MAIDEN調の力強さのある正統派色の強いサウンドがファンのハートを熱くさせる。泣きのツイン・ギターは更にドラマチックに曲を盛り上げ、最後は何度もファンに手を上げさせてBLOODBOUNDのショウは終演となった。

ラストにファンをバックに記念撮影をしたが、その時に先ほどの怪物がシャッターを切っていたのが少し可笑しかった。
 (17117)


●BLOODBOUND 2019年8月30日@渋谷 duo Music Exchange

01. Bloodtale (SE)~Battle in the Sky
02. In the Name of Metal
03. The Warlock's Trail
04. Moria
05. Dragons Are Forever
06. Rise of the Dragon Empire
07. Nosferatu
50 件