「Ladies And Gemtleman… How Do?」パンク・ロックの伝説が降臨 THE DAMNED『SUMMER SONIC2019 DAY.2』

Live Reports
THE DAMNED『SUMMER SONIC2019 DAY.2』2019年8月17日(土)@Billboard JAPAN Stage
ALL PHOTO (C)SUMMER SONIC All Copyrights Reserved.
 (16523)

「You Are SUMMER SONIC」と言い笑いながらステージに登場のメンバー、そしてキャプテン・センシブル<g>が「Ladies And Gemtleman… How Do?」とファンにお馴染みのセリフからギターを鳴らし「Hey Men What’s Happening?」。ポール・グレイ<b>がベースを響かせば、あの名曲“Love Song”がスピーカーから放たれる。

最後にステージに登場したのはデイヴ・ヴァニアン<vo>で、黒でビシッと決めた中に白いスカーフでアクセントを入れており、骸骨マイクを片手にディープ・ヴォイスで一気に観客を魅了していく。

そのままアルバムと同じく“Machine Gun Etiquette”へと流れ、キャプテンは右足でリズムを取りながらギターを操り、モンティ・オキシモロン<Key>はパーマの強い髪を揺らして鍵盤を操る。そしてクールな雰囲気と独特な歌いまわしが魅力の“I Just Can’t Be Happy Today”へと続いた。
デイヴ・ヴァニアン&lt;vo&gt;

デイヴ・ヴァニアン<vo>

キャプテン・センシブル&lt;g&gt;

キャプテン・センシブル<g>

ポール・グレイ&lt;b&gt;

ポール・グレイ<b>

モンティ・オキシモロン&lt;Key&gt;

モンティ・オキシモロン<Key>

“Anti Pope”ではキーボードのトラブルもあり、モンティはかなりカリカリした様子だったが、ご機嫌なビートを叩き出すピンチ<ds>の後ろでデイヴが少しおどけた感じで手を広げたり、熱狂するファンにミネラル・ウィーターを振りまいたりと、パフォーマンスでカバーしていた。陰あるメロディが印象的な“Plam9 Channel7”で酔わせた後は、パンク・ロック然とした“Noise Noise Noise”でキャプテンが手を広げ煽る。

「MC5はすげえバンドなんだぜ!」と元祖パンク・バンドとも言える彼らの“Looking At You”を1.5倍増しの速度でカバーしたが、ここで再びキーボードがトラブル。この曲にはキーボードの見せ場が盛り込まれていたこともあって、モンティは怒り爆発といった様子であった。しかし、早急に対応してくれたスタッフによりそれも解消、親指を立て気分も新たにご機嫌なサウンドで会場を盛り上げていった。

デイヴは何度もターンしながら「You Baby」とシャウト、そのままキャプテンのメロディアスなギターが奏でられ“Smash It Up (Part1)”、ポップな“Smash It Up (Part2)”へと畳み掛けていく。サビでは声を枯らさんばかりにファンも歌う。そんなフロアを見ながらデイヴは指揮者の様なアクションで曲を閉める。

キャプテンが「歌う時間だ」と「ラララ~」とファンにコーラスを求め「オネーチャン、イッチョウ」と日本語で笑いを取ってから、“Ignite”が始まると彼は少し猫背気味にギターを操り、デイヴはマイク・スタンドに倒れかかる様に歌う。バックドロップを派手にライトが照らし、ステージ中央にはキャプテンを中心にデイヴとポールが並び立つ。「オオオ~」というファンのコーラスにマイクを向け、もっと歌えと煽る。

ドタバタしたドラムから名曲“New Rose”が始まれば、ステージ前方は狂乱状態で盛り上がり、デイヴがこっちに来いとモンティをステージ中央に呼び込むと彼は中央でハチャメチャなダンスを披露。ステージ袖を見ると、先程スタジアムを盛り上げていたばかりのマキシマム ザ ホルモンのマキシマムザ亮君がTHE DAMNEDのパフォーマンスを笑顔で楽しんでいた。
ピンチ&lt;ds&gt;

ピンチ<ds>

ポールのベースからこれまた名曲の“Neat Neat Neat”。イントロが飛び出すと会場は最高潮となる。ステージではキャプテンが頭の後ろでギターを鳴らし、デイヴはフロアにミネラル・ウォーターをぶちまける。大歓声の中、キャプテンが感謝の言葉を述べ、「テンプラウドン、ツキミソバ」と知っている日本語を言い放ち終了。時間的にはこれで終わりと思ったが、デイヴが「ワンモア!」とスタッフに人差し指を突き上げてエルトン・モテーロの“Jet Boy, Jet Girl”でポップに盛り上げ、THE DAMNEDの2019年東京での夏を終えた。

今年でリリース40周年となる名盤3rdアルバム『MACHINE GUN ETIQUETTE』から多く選曲されており、最高のセットリストであった。ちなみに大阪ではラストの“Jet Boy, Jet Girl”でマイケル・モンローが飛び入りしたという。
 (16522)

THE DAMNED◆SETLIST
01. Love Song
02. Machine Gun Etiquette
03. I Just Cant Be Happy Today
04. Anti-Pope
05. Plam9 Channel7
06. Noise Noise Noise
07. Looking At You
08. Smash It Up
09. Ignite
10. New Rose
11. Neat Neat Neat
12. Jet Boy, Jet Girl

ALL PHOTO (C)SUMMER SONIC All Copyrights Reserved.
 (16512)