20周年にして日本人アーティスト初のヘッドライナー B'z『SUMMER SONIC2019 DAY.1』

Live Reports
『SUMMER SONIC2019 DAY.1』2019年8月16日(金)@幕張メッセ/MARINE STAGE
登場20分前、続々とファンが集まり、内野席も私がいたスタンド席も人で溢れている状態となっていた。後から聞いた話では入場規制もかかっていた様で、急遽開放された外野席もあっというまに人で埋まっていったらしい。

ステージには初日のトリに相応しく豪華なステージセットが組まれていた。忙しなくセッティングしていたスタッフと入れ替わりに、MCを務めているタレント/DJのサッシャがステージに登場。彼が感謝の言葉を述べると大きな拍手が起こり、SUMMER SONICが20周年を迎えたこのステージに日本のアーティストにヘッドライナーを務めてもらいたいこと、それに相応しいのはこのバンドしかいないと、B'zの名前を告げる。

黒の衣装で統一された松本孝弘<g>のギターがZOZOマリンスタジアムの空に鳴り響く。「オ~オ~」雄叫びと共に“RED”が始まり、赤いタンクトップの稲葉浩志<vo>が登場して赤いマイク・スタンドを高く掲げる。我々はSUMMER SONIC20年の歴史で初めて日本人アーティストが遂にヘッドライナーとしてステージに立つ瞬間を目撃した。

ステージは真っ赤なライトで染まり、B'zの情熱を溶かし込んでいる様だ。「体中暴れる血の色RED」。シャウトする稲葉によって会場は高揚感で早くも一体化する。力強いドラミングから始まる“声明”へと続き、松本がステージ上手裾、稲葉が下手裾にやって来て会場を煽る。中央で二人は向き合い、続いて逆に松本がステージ下手裾、稲葉が上手裾へと分かれていく。稲葉は腰をセクシーにくねらせ、松本のギターを拍手で盛り上げる。

興奮でザワつく観客に向かってステージから稲葉が「SUMMER SONICにようこそ、今日はゆっくり楽しんでください」と挨拶し、「アゥアゥ~」とシャウト一発からの“WOLF”。ブルーのライトが夜空を照らし、力強いグルーヴとファンキーなリズムが拍手を自然と呼び込み聴衆の体を揺らしていく。

ステージ中央でライトを浴びながらクールにギターを操る松本、稲葉のカウントから“トワニワカク”。少しブギー・テイストの入ったノリの良いハード・ロック調のメロディが心地よく、両サイドのスクリーン前で愛機を操る松本に稲妻が走る演出ではファンからどよめきが起こる。“有頂天”ではコール&レスポンスでファンとの絆を強め、パイロが炸裂し大歓声の中で始まった“ultra soul”。人気曲だけに流石の盛り上がり。ステージ下手にカメラマンを呼び込み楽しそうにいたずらっ子の様な表情をしながら松本と合流する稲葉、それがスクリーンに大写しになるとファンの興奮も最高潮、サビでは「ヘイ!」と叫びながら大きくジャンプする。「サンキュー!」と稲葉のシャウトで曲が終わっても興奮したファンの声は止むどころか大きくなっていく一方だった。

ステージがブルーのライトで照らされ、スタジアムに心地よい風が吹き込んでくる。「リラックスした曲を聴いてください」と松本のメロウなギターからの“マジェスティック”。稲葉の情感のこもった声と松本の奏でる切ないメロディが心の奥に染み入っていく。心地よい風を体に感じながら、横に揺れながらメロディに酔いしれる。誰に言われるでもなく少しずつスマフォのライトがスタジアムに広がっていく。夜空に吸い込まれる様に音が消えていくのと反比例して拍手が大きくなり、稲葉は無数のライトを見て「蛍かと思った」と嬉しそうに笑みを浮かべる。

次の曲もこんな感じでいこうかなと、松本のアコースティック・ギターを呼び込む。松本と稲葉の二人によるアコースティック・ヴァージョンの“裸足の女神”が静かに始まると、“蛍の光”はさらに増え、その光だけでもスタジアムの照明がいらない程に明るくなっていく。言葉にならないほど感動的だったこのシーンは、今年のサマソニ名場面のひとつとなったはずだ。
 (16380)

スペイシーなキーボードから縦ノリの“イチブトゼンブ”が先程までの空気を崩さず明るく盛り上げ、稲葉は何度も両手を振り上げファンを煽る。私の近くの席では親子で来ているファンが顔を見合わせながら楽しそうに腕を振っている。稲葉はステージを動き回り、水を吹くパフォーマンスでファンの視線を集める。

スタジアムには強い風が吹いている。間髪入れずにキャッチーなハード・ロック調の“Still Alive”が始まり、もっともっと来いよと稲葉は両手を広げる。その横ではクールな表情を崩さない松本が骨太のメロディを奏でる。ギター・ソロでは松本の滑らかな運指がスクリーンに大写しになると大歓声が上がる。クライマックスに向け曲が盛り上がっていくにつれメンバーも激しく首を振り、最後は松本とサポートのYukihide "YT" Takiyama<g>のギター・バトル風の絡みをみせた。

何本ものドラム・スティックを派手に飛ばすドラム・ソロを合図にショウも後半戦に突入。ラウドなギターからの“デウス”では、メンバーがステージ左右に分かれる。黒のタンクトップに着替えた稲葉が歌う「誰でももう一度走り出せる」が心に刺さる。「大丈夫ですか?」とファンを気遣い、台風接近の中で会場をセッティングしたスタッフへも感謝の言葉を述べる。

ドラマチックなイントロからギターをフライングVにチェンジした松本が哀愁が零れ落ちそうなメロディを奏で、“兵、走る”が力強いコーラスとともにパワフルに疾走していく。この時、演出で使用された紙吹雪が、強風によっていつまでもグルグルとスタジアムの中を舞っていた。舞い上がる紙吹雪を、歌いながら何度も掴もうとする稲葉、そしてその紙吹雪の中を「エイエイオー」と叫び、最後にスタジアム一体となりジャンプする観衆という奇跡のような光景が繰り広げられた。

「皆さん、気分はどうですか?」と叫ぶ稲葉に、「最高!」と返す聴衆、それを受けて稲葉が松本に振ると、ギターで返答する松本。そのまま「幕張ベイベー!」と稲葉のシャウトからアップ・テンポでキャッチ―な“juice”が炸裂する。稲葉が楽しそうに弾けまくり、ファンと「幕張ベイべー!」、「サマソニベイべー!」と会場とのコール&レスポンスで盛り上がっていく。稲葉は何度も松本に絡み、最後にはポーカー・フェイスでここまで一度も表情を崩していなかった松本が苦笑してしまっていた。

夜空を見上げると、満月がまるでスタジアムをのぞき込む様に淡く光っていた。ステージを動き回る松本、ジャンプしてシャウトを繰り返す稲葉の最後まで疲れを全く感じさせないパフォーマンス、そんな二人がステージ後ろのスクリーンに7色で派手に映し出されている。曲の終わりにターンする松本、そして私の近くの席にいた子供がそれに合わせて楽しそうにターンしていたのが印象的だった。

ラストの“さまよえる蒼い弾丸”はこの日の最後を締めくくるに相応しい楽曲で、声よ枯れよとばかりに歌う観客、それを見て水を吹き上げる稲葉、ギターをかき鳴らす松本も熱量の高いパフォーマンスで応えていく。一度ブレイクしてから稲葉のジャンプを合図に曲が始まり、最後はひざまずきロング・シャウトを決める。松本の哀愁溢れ、いつまでもこの空気に包まれていたい余韻を引きずる様なギター、そしてパイロが炸裂しB'zのショウは終了となった。最後に稲葉が登場して「皆さんの愛情に包まれて最高に幸せな真夏の夜を過ごせました、バイバイ」と手を振りステージを去っていった。

強風のため、名物の花火がこの日は上がらなかったのは残念だったが、日本人アーティスト初ヘッドライナーとしてステージに立ったB'z。豪快かつ堂々としたパフォーマンスに圧倒された。メンバーがステージから姿を消してもいつまでも鳴りやまない拍手と歓声がこの日の素晴らしさを代弁していた。

Text by 別府 “Veppy” 伸朗