DOOM新メンバーお披露目ライブ『It's Real... An Impossibility vol.002』@新宿WILDSIDE TOKYO

Live Reports
DOOMの新ベーシスト「アベ ユキヤ」お披露目となるライブ「It's Real... An Impossibility vol.002」が行われた8月12日の新宿WILDSIDE TOKYOのレポート。

DOOMの新ベーシスト「アベ ユキヤ」の初ステージとなる「It's Real... An Impossibility vol.002」が8月12日新宿WILDSIDE TOKYOにて行われた。共演はDOOMと共に日本のスラッシュ・メタル創世記からシーンで戦っているJURASSIC JADEにRIVERGE。会場は完全SOLD OUTで、この日のイベントを楽しみにしていたファンが詰めかけ暑い夏の日を更にアツイものとしていた。
この日の来場者には新編成でリ・レコーディングされた“No Free”が収録された非売品CDシングルがプレゼントされた。
“No Free”非売品CDシングル

“No Free”非売品CDシングル

トップ・バッターは大阪のRIVERGE


この日のトップ・バッターを務めたのは大阪からやってきたRIVERGE。
ステージに彼らが登場すると彼らを知るファンから少し動揺が走る。ベーシストのISHIKAWAの姿が見えず、本来NASU<g>と共にツイン・ギターを担っていたTANAKA<g>がベースを弾いていたからだ。ステージではお馴染みの楽曲を畳みかけていたが、MCでNAKAMURA<vo>の口からISHIKAWAの脱退が告げられると、彼らのファンから驚きの声が上がる。
ファンの間にショックが走る中、RIVERGEはステージを観ろとばかりに曲を畳みかけ、メンバーはアグレッシブなパフォーマンスでファンを引き付けていく。
メンバー脱退のショックが少し和らいだ頃、NAKAMURAは「今日出演のバンドは皆昔は顔が白かったんだ」と空気を和ませ、“Slavish Charge”や“Till I Die”といったRIVERGEクラシックを叩きつけステージを去った。
 (15759)

RIVERGE

RIVERGE


8月12日 RIVERGE SETLIST@新宿WILDSIDE TOKYO
01.A&a
02.Cutting Edge
03.Hungry Child
04.Damned World
05.Stand In Fear Of Nothing
06.Faith To Nothing
07.Ready To Dive
08.War Dance
09.Monster Die
10.Slavish Charge
11.Thought Free
12.Till I Die
RIVERGE

RIVERGE

2番手には来年結成35周年を迎えるJURASSIC JADEが登場


来年結成35周年を迎えるJURASSIC JADEがSEと共に姿を現すとピリッとした空気が会場に流れる。HIZUMI<vo>はその空気感を楽しむ様な感じでダンスを披露しながらステージに登場する。
オープニングの“Hemiplegia”から生々しいJURASSIC JADEの世界が展開されていく。自らの傷口と対峙するような痛さもある唯我独尊の世界であるが、同時にステージから神々しい光も放っている。やはりJURASSIC JADEは今もアンダーグラウンド・シーンのカリスマだなと再認識させられた。
ステージ中央でHIZUMIが生々しい叫びを突き刺す両翼ではNOB<g>とWATANABE<b>が弦楽器を操り、ステージ後方ではHAYA<ds>がバンドの心臓鼓動の如くビートを叩き出している。
多くのファンが驚いたであろう“天安門上太阻升”に久しぶりとも思える“”“香港庭園”他、全10曲のステージは少し短くも感じさせるものだった。
 (15765)

JURASSIC JADE

JURASSIC JADE


8月12日 JURASSIC JADE SETLIST@新宿WILDSIDE TOKYO
01.Hemiplegia
02.The only song, The last song
03.天安門上太阻升 (Tenanmon Shang Taiyang Sheng)
04.この日が来るのを待っていた
05.香港庭園
06.そこから
07.ベースマンは死なず
08.触れてはいけない
09.ドク・ユメ・スペルマ
10.恋するアトミックボーイ
JURASSIC JADE

JURASSIC JADE

29 件