ANTHEMの35周年記念第一弾『PROLOGUE 1』@表参道GROUND ライブ・リポート

Live Reports
今年35周年を迎えるANTHEMの記念イベント第一弾として表参道GROUNDで行われた『PROLOGUE 1』のライブ・レポート。
 (23774)


ANTHEM結成35周年となる2020年。そんな記念すべきアニバーサリー・イヤーの第一弾ライブとして行われたのが「PROLOGUE 1」と冠されたこの日のイベント。第一部が長き眠りから覚め復活作となった「SEVEN HILLS」の完全再現、第二部が現ラインナップ初のツアーとなった2014年の『FIRST CONTACT』をモチーフにしたセットとファンにとってはたまらない一日となった。
この後に続く「PROLOGUE 2」、「PROLOGUE 3」と共にチケット入手がかなり困難で、涙した人も多かったようだ。当然ファンの期待も高く、結成35周年の幕開けとなるこの日のライブは2020年のANTHEMの活動を占う意味でも重要な一日となり、メンバーのプレッシャーも大きなものとなっていただろう。

リハーサルの後半から会場入りしていたのだが、少しピリっとした空気が流れていたのが肌で感じられた。サウンドは勿論ステージセットの細かい見せ方など、リーダーの柴田直人<b>は開演直前までスタッフと共に忙しく動き、指示を出していた。

第一部「SEVEN HILLS」完全再現ライブ

 (23775)


開場時間となり、あっという間に会場となった表参道GROUNDのフロアがファンで埋まっていく。その殆どがANTHEMのシャツ、私が見た感じでは『FIRST CONTACT』ツアーのシャツを着ていたファンが多かった。開演15分前ともなるとざわつきと共にファンの期待が次第に高まっていくのも伝わってくる。

開演時間を10分過ぎた頃にそれまで流れていたBGMから開始を告げるBLACK SABBATHの“Heaven And Hell”へと変わり、場内が暗転するとファンのボルテージが一気に上がっていく。“Heaven And Hell”からANTHEMの登場を告げるSEへと切り替わるとANTHEMのロゴが大きく描かれたバックドロップが誇らしげに浮かび上がり、それまで拍手していたファンからは怒号にも似たANTHEMコールが起こる。
それを打ち破る様に田丸勇<ds>が右手を突き上げステージに登場、続いて柴田、清水昭男<g>が姿を現すと更にフロアからの声も大きくなっていく。最後に森川之雄<vo>がステージに姿を現し、「ANTHEM、PROLOGUE1『SEVEN HILLS』いくぞ!」と言うと天井を吹き飛ばすような大歓声と共に、“Grieve of Heart”が会場を駆ける。
力強くもどこか悲しみを秘めた様な名曲で、森川は坂本英三がオリジナルであるこの曲を見事に自分の色に染め上げていく。先行シングルにもなったこの曲、ANTHEMがシーンに帰ってきたと嬉しくなった当時の気持ちを色々と思い出し、歌詞がANTHEMの歩みとダブりオープニングにして既にグッと胸が熱くなり自然と声を出し歌っていた。

オープニングから全力疾走のANTHEMだが、その中でも己の魂のアツさをファンに示す様に柴田は前に出て激しく首を振りながら愛機を操っている。「SEVEN HILLS」をリリースして復活した時の覚悟、そして35周年を迎える今年、様々な思いが渦巻き柴田を燃え上がらせていたのかもしれない。そしてこの後も何度も見られたシーンだが、清水のギター・ソロでも柴田は前に出てギターとベースのバトルを見せていた。
そんなバチバチな柴田の魂が他のANTHEMのメンバーにも伝染した様で、まだ1曲目だというのにパワー全開のパフォーマンスがステージで繰り広げられる。超戦闘型のANTHEMに『今日は凄い夜になる』とこの時確信した。
 (23777)


「久しぶりだな!今夜も楽しんでいこうぜ!」とヘヴィなミドル・ナンバーの“Raging Twister”へと続き、田丸は何かを叫ぶ様に大きく口を開けながらビートを支える。「激しいの行くぜ!」とアグレッシブな“XTC”がファンの首を嫌でも振らせていく。森川はもっと魂焦がしていけとぐっと両手でマイクを握りしめシャウトし、最後はどうだと拳を突き上げる。MCでは35周年の最終公演にグラハム・ボネットの出演が決定したことを告げ、この日のシャツのマル秘話を盛り込み場を和ませる。

「バラエティに富んだアルバムの世界をタップリ味わって欲しい」と“The Man With No Name”がコールされ、再び会場がシリアスモードに包まれ清水の流麗なギター・ソロがハートの深くまで突き刺さる。そのままウネリの強い“March to the Madness”と続いていく。森川の「3人のアツイアツイ男たちが魂込めてプレイするぜ」との声に導かれANTHEM初のインスト曲となった“D.I.M. 422”で柴田、清水、田丸の火花散るバトルが始まる。フロアの誰もがプレイに魅入られる。特に清水と柴田のユニゾンでのプレイは本当に鳥肌ものだった。

森川がステージに戻り「俺たちと一緒に腐った魂をガッツリ蹴り上げていこうか!」と喝を入れ、凄まじいリアクションの中、「SEVEN HILLS」の中でも人気が高い“Running Blood”が疾走すると体中の血が騒ぐ。ANTHEMならではのキャッチーで美しいメロディラインにメタルの力強さが絶妙にミックスされた名曲だ。この曲にシンクロする様に、ステージはレッドライトに染まる。森川はオーディエンスを指さしながら熱唱、サビではファンと一緒に魂を焦がす。
柴田はフロアの盛り上がりと同調する様に首を激しく振り、メロディを操る清水とパワフルなドラミングの田丸もその表情からテンションの高まりが伺える。このまま続けていくぞとドライブ感溢れる“Freedom”に続き、曲の終わりに清水はギターを宙に突き上げる。
 (23779)


後半戦に突入し、柴田が「SEVEN HILLS」制作当時の思い出話を色々と語り、ファンは聞き耳を立てていた。次いでヘヴィな“Silently and Perfectly”がそれまで熱狂的に盛り上がっていた会場をヘヴィにダークに染め上げる。こうして「SEVEN HILLS」を完全再現で聴いていると、復活作にしてANTHEMの持つ様々な面を見せつけた奥の深い作品だったなと再認識する。第一部のラストはブルース・テイスト溢れる渋めの“The Innocent Man”。ANTHEMの中で異色ナンバーのこの曲、柴田と田丸のリズム隊がグッと生える曲だ。自然と身体が揺れグルーブが心地よく染み入っていく。

約1時間の第一部は拍手喝采の中で締めくくりを迎えた。
32 件