【速報リポート】世界最大のメタル・クルーズ『70000 TONS OF METAL 2020』初日

Live Reports
世界最大のメタル・クルーズである『70000 TONS OF METAL 2020』の初日の速報的リポート。
 (21892)


今年も世界中からやって来た多くの熱狂的メタルフォンを乗せて出航した『70000 TONS OF METAL』。世界最大のメタルクルーズの名に相応しい狂乱の日々が始まったのだ。

そんなメタルクルーズの初日、速報的リポートでお送りする。

VIO-LENCE

 (21815)

 (21816)

 (21817)

 (21818)

 (21819)


「お前ら大変な航海が始まるぜ」とでも告げる様にディーン・デル〈b〉がファンに煽りを入れてから本日スタジオBのトップバッターVIO-LENCEがステージに姿を現す。ザクザクの切れ味鋭いリフはアルバムで聴く以上に強烈だ。ショーン・キリアン〈vo〉はスキンヘッドに浮かんだ血管が切れるんじゃないかといった感じにシャウトを連発する。

“Kill on Command ”、“Serial Killer ”、“Phobophobia ”と持ち時間は短いながらもツボを押さえた選曲に早くも大きく荒々しいモッシュがフロアには発生している。

2月の来日公演が本当に楽しみになるようパフォーマンスだった。

ARCHON ANGEL

 (21822)

 (21823)

 (21824)

 (21826)

 (21827)


この日が初ステージとなったARCHON ANGEL。元SAVATAGE、CIRCLE Ⅱ CIRCLEなどのザッカリー・スティーヴンス〈vo〉やSECRET SPHEREのアルド・ロノビレが在籍するバンドでこの日は初ライブとなっていた。

アルバム発売もまだだが、注目度が高くかなりのファンを集めていた。少し陰りあるメロディにほんのりエピック風味の正統派メタルで場内の反応もかなり良く、ラストはSAVATAGEのカバー3連発では多くのファンが歓喜の声を上げていた。
75 件