LAZY「宇宙船地球号」完全再現ライブ・レポート@東京EX THEATER ROPPONGI

Live Reports
2013年からスタートの『Rock Beats Cancer FES』、2019年は12月27日(金)に東京EX THEATER ROPPONGIにて開催された。LAZYが「宇宙船地球号」を完全再現したこの日のレポートをお送りする。

INDEX


2013年からスタートの『Rock Beats Cancer FES』。樋口宗孝がん研究基金から生まれ、癌と闘う若者をロックで勇気づけ支援する目的となっている。
今年はLAZYの「宇宙船地球号」発売40周年を記念した完全再現ライブをメインに、スペシャル・ゲストにGRANRODEOを迎えて12月27日(金)東京EX THEATER ROPPONGIにて行われた。

翌日のLOUDNESS公演と同じくこの日もSOLD OUT公演となり、会場には多くのファンが集まっていた。

GRANRODEO

 (21656)


この日のスペシャル・ゲストGRANRODEOが最初にステージに登場。TVアニメ「君が望む永遠」を切っ掛けで生まれたロック・ユニットである。ステージに彼らが姿を現すと黄色い声援が飛んでいく。爽やかな疾走系の“silence”からファンは腕やペンライトを振り盛り上がる。ワイルドでロッキンな“カナリヤ”でフロアの反応に楽しそうな表情を浮かべるメンバー、MCでe-ZUKA<g>と瀧田イサム<b>はお互いのLAZY愛を語る。

ヘヴィなグルーブの“セツナの愛”が再びファンを揺らし、“シャニムニ”でKISHOW<vo>はお立ち台からシャウトで会場に熱気を吹き込み、掛け声と共にファンをジャンプさせる。9月にアキレス腱断裂という大怪我を負ったKISHOWだがもう大丈夫と“modern strange cowboy”ではそのお立ち台から大きくジャンプして見せる。e-ZUKAはクルっとターンを決めながら華麗にギターを操りファンを魅了する。ラストはメタリックでキャッチーな“The Other self”で陽気に盛り上げ、KISHOWがドラムライザーからこの日一番のジャンプを決めて締めくくった。
 (21658)

 (21666)


2019年12月27日@東京EX THEATER ROPPONGI
GRANRODEO SETLIST

01.silence
02.カナリヤ
03.セツナの愛
04.シャニムニ
05.modern strange cowboy
06.The Other self
 (21660)

LAZY

 (21662)


場内暗転と共に映画「2001年宇宙の旅」でお馴染みの“ツァラトゥストラはかく語りき”が流れ、ステージのスクリーンにはその「2001年宇宙の旅」の冒頭シーンをダブらせる宇宙と地球の映像が流れる。
地球全体から日本がクローズアップされた後に「宇宙船地球号」のジャケットが大きく誇らしげに映し出され、高崎晃、いや今日はスージー<g>のギターと共に“DREAMER”が始まり、ミッシェル<vo>がステージに駆け込んでくる。白いマイクスタンドをワイルドに振り上げ、ファンの拍手を求める。
「ハロー、トーキョー!会いたかったぜ!」とシャウトするミッシェル、その思いはファンも一緒である。

JUDAS PRIESTばりのメタリックで攻める“DREAMY EXPRESS TRIP”ではオリジナルと同じくスージーがリード・ボーカルを取り、サビではミッシェルとツイン・ボーカルを決める。ギター・ソロは後のLOUDNESSの活躍を予感させる流石のテクニックで聴かせる。メロウなパートからドラマチックに盛り上がる“天使が見たものは”ではミッシェルの歌声がファン心を徐々に熱くさせていく。
 (21673)


「メチャ楽しい!」とミッシェルが言うと、こちらも同じだといった大きな拍手がステージに返っていく。GRANRODEOに続いてサポート・ベースを務める瀧田イサムと共にLAZYについて語り、今度は振り付けもといった話になると「やらんでええから」と突っ込み会場を笑わせるスージー。そのスージーの提案で当時の衣装を再現しようという話だったのに、作って着てきたのは俺だけとミッシェル。銀のブーツと銀のスーツを着てくるはずだったスージーは「銀のスーツなんてどこに売ってんねん」と笑いを取り、ポッキー<key>は当時どんな衣装だったか忘れたとそれに続く。
 (21667)


LAZYの中ではヘヴィなロック・ナンバーの“TIME GAP”が会場の雰囲気を引き締め、ポッキーのオルガンに乗って右手を振り上げながらミッシェルが熱唱する。

ミッシェルがアコースティック・ギターを手にすると泣きのメロディが美しいインスト・ナンバー“遥かなるマザーランド”が始まり、LOUDNESSとは違ったハートウォーミングなソロがファンのハートをグッと掴み話さない。エンディングと共に明るくなるステージ、そしてメンバーの姿が際立つ。

ステージはブルー・ライトで海の底の様な世界となり、ドラマチックなSEがその世界を深めていく。そしてレッド・ライトが激しく照り付け、ファストでラウドなタイトル曲“Earth Ark(宇宙船地球号)”がファンの頭を激しく揺らす。ミッシェルがサビを熱くシャウト、逆にポッキー<key>はポーカーフェイスで太いオルガンの音を奏でる。
 (21669)

27 件