【完全レポート】『LOUDNESS World Tour 2019-2020 THANK YOU FOR ALL Chapter 1:Ampan vs Dragon』

Live Reports
今年は12月28日(土)東京EX THEATER ROPPONGIにて行われた、年末恒例となりつつあるLOUDNESSのライブ。『LOUDNESS World Tour 2019-2020 THANK YOU FOR ALL Chapter 1:Ampan vs Dragon』と冠され、SOLD OUTとなった熱い夜を完全レポート。

曲が終わるとと右手を上げドラムセットから下がる西田。
その西田を見送って今度は俺の番とドラムセットに鈴木が座る。「あんぱん君がやりたいと言った曲を立て続けにやります」と二井原、そして「途中で倒れてもあいつのせいですからと」らしいエールを送る。鈴木の激しいドラミングからLOUDNESSクラシック“Dream Fantasy”が始まる。
メタリックな疾走感の中に日本人好みのメロディラインで味付けが絶品、この曲の高崎のギター・ソロは何度生で聴いてもゾクゾクさせられる。
叩き終えた鈴木に「あんぱん!」と声援と拍手がフロアから飛んでいく。高崎がもっと拍手をと鈴木に右手を向けるとそれは更に大きくなる。
 (21592)


その拍手を“In the Mirror”のリフが切り裂き、再びフロアは熱気に包まれる。
初期の疾走曲を選んだのが何とも鈴木らしく、そして曲を叩きぬく彼に声援が飛んでいく。そんな鈴木を指さす二井原も楽しそうだ。高崎のギター・ソロが終わり一度ブレイクすると、「今年最後のスクリーム!」と天井よ吹き飛べとファンに声を上げさせる二井原。どんなに大きな声を上げてもまだまだ出せるだろと二井原とその後ろでは鈴木が大きく手を振り上げ、高崎は両手を耳に当てる。
これ以上はないという大歓声に満足そうな表情を浮かべた高崎が鬼神となり再びリフを刻む。

曲が終わり叩き切ったと鈴木は大きく息を吸い、両手を上げる。
拍手の中立ち上がると西田を迎い入れ一礼する。
 (21549)


一度ステージを去った鈴木をいじりつつ「ここでちょっとバラードを」と二井原が“In My Dreams”の曲目を告げる。
重厚な中にしっとりとした哀愁のメロディを溶け込ませた感動的なナンバーに静かに首を揺らし聴き入るファン。後ろから見ていたのだが、多くのファンが曲に酔いシンクロしていた姿は言葉にならない感動的な光景だった。
エンディングに向け盛り上がっていくにつれ、アクションが大きくなる西田のドラミング。

そのまま“So Lonely”とバラード2連発へと流れ、ファンのハートを更に揺さぶり続ける。「一緒に歌いますか?」と大きく両手を振る二井原に合わせて会場の皆も大きく手を振る。ミラーボールのライトが回る中、フロアからコーラスが自然発生的に起こり、それがどんどんと大きくなっていく。少しハスキーで情感タップリに歌い上げる二井原、ギターを泣かせる高崎、メロディに乗り静かに揺れる山下、優しいビートを叩き長い髪が揺れる西田。

そんなLOUDNESSのプレイに感情を揺さぶり続けられたファンのコーラスはどんどん大きくなり、二井原はその声をもっと届かせてくれと胸に手をやり、大きく両手を広げる。
最後は二井原のアカペラと共に感動が広まる空間に音は吸い込まれていった。
 (21551)


しっとりした空間を二井原のMC、「マサキ君が歌っていた曲を歌います」がまるでオセロをひっくり返す様にどよめきに変える。

少し毒々しいレッドとブルーのライトがぎらつくステージ、西田のラウドなドラミングを合図に“Slaughter House”がヘヴィネスを纏い全てをなぎ倒す様に疾走していく。二井原は両手でガッとマイクを握り前後に揺れながらスクリーム。
ギター・ソロを弾く高崎に近づき覗き込む山下、そして印象的なギターとベースのユニゾン・プレイをバッチリ決める。

曲が終わり山下のベースを軸にブルース・ジャム風に展開していく。そこに二井原が絡み、“Black Widow”の歌詞を挟み込む。暫くジャムを楽しんだ後に、粘りつくグルーブが凄まじい“Black Widow”本編が始まる。酩酊間も強く、そのグルーブに身を任せ大きく揺れるファン。

曲が終わると西田はここでまた交代だと、スティックを握った両手をフロアに向ける
 (21553)

51 件