【完全レポート】『LOUDNESS World Tour 2019-2020 THANK YOU FOR ALL Chapter 1:Ampan vs Dragon』

Live Reports
今年は12月28日(土)東京EX THEATER ROPPONGIにて行われた、年末恒例となりつつあるLOUDNESSのライブ。『LOUDNESS World Tour 2019-2020 THANK YOU FOR ALL Chapter 1:Ampan vs Dragon』と冠され、SOLD OUTとなった熱い夜を完全レポート。

11月からデビュー39周年に入り、その第一章となったのが年末恒例となっているLOUDNESSの単独ライブ。
『Ampan vs Dragon』と冠されていることから、完全復帰に向け脳梗塞の後遺症と戦っている鈴木“あんぱん”政行と最強の助っ人ドラマーである西田“ドラゴン”竜一がステージで真正面からバチバチのバトルをする注目のライブだ。6月にも『Ampan vs Dragon』とタイトルに付けられたライブがあったが、その時は『Ampan Night』と『Dragon Night』に分けられ別々の日での対決だったが、今回の対決は同じ日同じステージでの直接対決、ファン注目の一日となっていた。

チケットは当然SOLD OUT、会場に入るとステージに並ぶドラムセットに嫌でも目がいく。下手側のドラムセットにはブルー・ライトが当てられバスドラにはドラゴンのアートが雄々しく描かれ、上手のドラムセットにはレッド・ライトが当てられバスドラにはLOUDNESSのロゴが誇らしげに描かれている。

開演時間が近づくにつれ、ファンの期待が熱気となって大きくなっていった。
 (21538)


開演時間を15分程過ぎて場内暗転と同時にオープニングSEの“Eruption”が流れるとステージがライトで照らされ、それが明るくなると同時にスクリーンにLOUDNESSのロゴが大きく映し出される。

一番の注目はどちらのドラマーが先にステージに登場するかだ、鈴木なのか?西田なのか?
ファンは期待と興奮でその登場を待っていた。下手ステージ奥の暗闇からこの日の戦場であるライトに照らされたステージへとゆっくりと歩きだす一人の男。大きな身体、顎にはトレードマークの長い髭が見える、鈴木“あんぱん”正行<ds>だ。「あんぱん!」といくつもの大きな歓声がステージに飛んでいく。鈴木はそのままゆっくりと上手のLOUDNESSのロゴの入ったドラムセットに向かい、スタンバイ。そして準備OKといった感じに大きく手を宙へ広げる。

鈴木が手を広げると同時に上手からサングラスをかけた高崎晃<g>が登場、戦闘準備万端と愛機を携えている。その高崎の愛機からお馴染みの“Crazy Nights”のリフを刻み、二井原実<vo>と山下昌良<b>がステージ下手から登場。スクリーンには大きく“Crazy Nights”が収録された「THUNDER IN THE EAST」のアートワークが映し出されている。以降、スクリーンには演奏された曲が収録されたアルバムのアートワークが映し出された。

ステージに戻ると両手を広げコーラスを求める二井原、「ヘイ!ヘイ!」の掛け声では鈴木の口も同じく大きく動く。山下はファンをのぞき込む様な感じで笑顔を見せ、高崎がソロを弾くシーンではステージ上手へと駆ける。そんな高崎と山下の隣で二井原はファンにおどけた表情を見せ、「M.Z.A.」の掛け合いではドラムライザーへ上り鈴木を指さす。鈴木はそれに笑顔とドラミングで返答だ。
 (21546)


鈴木のシンバル・カウントからメタリックな“Like Hell”がスピーカーから解き放たれ、サビではいくつもの声と右手が上がり、鈴木も大きく手を振り上げ一打一打に魂を込める。山下はドラムライザーに足をかけ鈴木とアイコンタクト。高崎がソロを弾く場面では驚く様なアクションで覗き込む二井原と、序盤から様々なシーンがファンの目に焼き付けられていく。曲の終わりに鈴木が両手をグッと握り突き上げたシーンも忘れられない。

そのまま間髪入れず高崎が哀愁のアルペジオを静かに奏で、“Heavy Chains”のイントロが会場を優しく包んでいく。「行きますよ、トーキョー!」と二井原が告げると同時に曲は力強く展開していき、グッと足を踏ん張り魂の歌唱で魅せる。高崎はモニターに足をかけソロを弾き、その終わりにどうだとばかりに愛機をグッと高く掲げる。その後ろでは高崎のアクションにシンクロした様に鈴木が宙を見上げる。

二井原が来場したファンに感謝の言葉と恒例となりつつあるLOUDNESSの年末ライブがないと年を越せないと述べる。「今日は曲をたくさん用意したのでガッツリ楽しんでください」と言う大きな拍手がメンバーに向けられる。
 (21542)


いつの間にか下手ドラマーには西田“ドラゴン”竜一がスタンバイ、それに気が付いたファンから声援が飛んでいく。二井原が西田を史上最強の助っ人と呼び曲名をコールして“Soul On Fire”がスタート。ステージをレッド・ライトが焦がし、派手にフラッシュする。二井原がフロアにマイクを向け煽ると、西田ももっと来いよと右手を振る。高崎のメタリックな切れ味鋭いリフがファンの魂を焦がし、フロアが盛り上がる。二井原はサングラスをずらしそんなフロアの様子を見まわし、やるなといった表情を浮かべ、それに応えるべく魂を燃焼させる様に体をのけ反らせてシャウトする。

LOUDNESS史上最強のアグレッションを誇るであろうスラッシーな“I'm Still Alive”で西田は長い髪を振り乱してブラストビートを叩き、山下はクルっとお馴染みのターン、高崎はグッと腰を落としてソロを弾く。曲が終わると俺のドラミングはどうだとスティックを握った右手を突き上げる。「RISE TO GLORY -8118-」から三連発となる“Go For Broke”のファンの腹をえぐる様なヘヴィネスに震える。右手でスティックを回しながら左手では華麗にシンバルを操る西田が魅せ、芯の太いドラミングは最強の助っ人に相応しい
 (21544)

51 件