【フォト・レポート】日本人によるヘヴィ・メタルの祭典『METALLIZATION 1』@川崎CLUB CITTA’

Live Reports
2019年10月20日(日)に川崎CLUB CITTA’で開催されたジャパニーズ・ヘヴィ・メタルのフェスティバル『METALLIZATION 1』のフォト・レポート。

INTESTINE BAALISM

 (19197)

 (19198)

 (19199)

 (19200)

 (19201)

 (19202)

 (19204)

 (19203)

 (19206)

 (19205)

この日のダークホース的存在だったのが日本のメロディック・デス・メタルの始祖的存在なINTESTINE BAALISM。
MCもなく曲と演奏で強烈なインパクトを残してステージを去っていった。


Photos by Akiko Nohara

VOLCANO

 (19268)

 (19269)

 (19270)

 (19271)

 (19272)

 (19276)

 (19275)

 (19277)

 (19278)

 (19281)

泣きのギターとアグレッション、ファンの首よ折れよとばかりの圧巻のパフォーマンスを見せたVOLCANO。
「やっぱりVOLCANOはスゲェな」の声もチラホラと聞こえてきていた。そろそろ新作に向けての動きはあるのか、今後も楽しみだ。

Photos by K01

Graupel

 (19219)

 (19220)

 (19226)

 (19222)

 (19223)

 (19224)

 (19225)

 (19227)

 (19228)

 (19229)


日本メタルコアの未来を担う存在Graupelがこの日のステージに叩きつけた激情にKOされた来場者も多かっただろう。
この日、この場所で見せた存在感の大きさはあらゆる壁を軽く乗り越えていた。

Photos by K01
160 件