二井原実(LOUDNESS/Vo)の人生を変えた10枚のアルバム

Interview
不定期新連載、ミュージシャンの人生を変えた10枚のアルバム。1回目に登場していただくのはLOUDNESSのヴォーカリスト、二井原実さんです。
人生を変えたというか、僕が音楽に目覚めてからプロになるまでの間に聴いた作品、アイデンティティが確立された過程のアルバムになります。

1. THE BEATLES『Let it Be』
ビートルズで洋楽に目覚めたんです。中学一年の頃によく一緒にいた友達が大好きだったんです。このアルバムが一番最初に聴いた洋楽になります。

2. LED ZEPPELIN『Ⅲ』
3. PINK FLOYD『Dark Side of the Moon』


で、その友達のお兄さんがロック好きで、主にお兄さんから影響を受けましたとくにレッド・ツェッペリンとピンク・フロイドの二枚に強烈な印象を受けました。家のステレオで爆音で聴いていたら隣の喫茶店から苦情が来たなんてこともありましたね。初めて行った洋楽のコンサートは、中学の2年か3年の頃に大阪厚生年金で観たエルトン・ジョン。当時は“クロコダイル・ロック”が流行っていました。その次がミッシェル・ポルナレフでした。

4. 井上陽水『断絶』


中学生の頃、アコースティック・ギターを弾いていたのでよく聴いていました。“傘がない”が大好きでした。

5. 上田正樹と有山淳司『ぼちぼちいこか』
上田正樹さんは関西ですからね。神様のような存在です。高校生の頃、追っかけをやっていました。後に共演もしましたよ。あと憂歌団も大好きで、内田勘太郎<g>さんとも共演できました。
ぼちぼちいこか / 上田正樹と有山淳司

ぼちぼちいこか / 上田正樹と有山淳司

◆収録曲
01. 大阪へ出て来てから
02. 可愛いい女と呼ばれたい
03. あこがれの北新地
04. Come on おばはん
05. みんなの願いはただひとつ
06. 雨の降る夜に
07. 梅田からナンバまで
08. とったらあかん
09. 俺の借金全部でなんぼや
10. 俺の家には朝がない
11. 買い物にでも行きまへんか
12. なつかしの道頓堀

6. RUSH『2112』
7. SCORPIONS『IN TRANCE』

ハードロック・バンドを始めたとき、スコーピオンズやラッシュをコピーしていました。僕の今の歌い方を作ったのはラッシュです。僕はベース&ヴォーカルで、ゲディ・リーの歌に物凄く影響されました。デビュー当時はハイトーンで歌っていて、真似してみたら歌えることに気づいたんです。彼らがいなかったら、僕はLOUDNESSに入っていなかったでしょうね。

スコーピオンズのクラウス・マイネも衝撃でした。陰のあるサウンドも含めて好きでした。当時アメリカのバンドはあまり聴いていませんでした。

8. TOWER OF POWER『URBAN RENEWAL』

大学に入ってソウルバンドを始めたんです。演奏していたのは、タワー・オブ・パワーやオーティス・レディングといったソウル・ミュージック。十数人の大編成のバンドでした。京都の大学へ通っていたんだけど、各大学のミュージシャンから精鋭を集めて編成されたバンドでした。ヴォーカルが4人いましたね。「よし、俺はソウルをやるんだ」って決心したとき、ラウドネスのオーディションの話が来て、試しに受けてみたらポンポンと決まって…そんな思い出もあります。

9. ROD STEWERT『SMILER』

ロッド・スチュワートもソウル・バンドの頃に聴いていました。彼はしゃがれた声で僕の声も近い。この声は二井原家の血筋で、父親も弟もハスキーな声なんです。そして母親と姉はキーが高い。あと中学の頃、剣道で発声を鍛えたことが良かったんだと思います。
10. DIO『LAST IN LINE』
ディオは1985年にアメリカをツアーしている頃にKNACでかかりまくっていた思い出があります。ツアーバスの中で毎日聴いていました。メタリカやボン・ジョヴィはまだブレイクしていなかった頃で、モトリー・クルーの人気が上がっていた頃です。もちろんレインボーも聴いていたし、歌ったこともありますし、影響も受けました。あと『サンダー・イン・ジ・イースト』のレコーディング前にLAに行って来いと言われて。そのときメインがディオのコンサートをサンディエゴまで観に行きました。前座はラットとホワイトスネイクでしたね。

◆リリース情報
LOUDNESS JAPAN TOUR 19 HURR...

LOUDNESS JAPAN TOUR 19 HURRICANE EYES + JEALOUSY Live at Zepp Tokyo 31 May, 2019

2019年12月25日(水)発売
¥7,000+税 WPZL-31712/4
三方背BOX仕様
歌詞・対訳・写真満載のスペシャルブックレット(72P)封入
LOUDNESSが今年5月に全国7都市で行った、名作「HURRICANE EYES」、「JEALOUSY」の楽曲を中心としたスペシャル・ツアーの最終公演、2019年5月31日にZepp Tokyoにて行われたライヴが2CD+DVDの3枚組で12月25日に発売されるが、そのアートワークと収録曲が決定した。

今回のライヴは、第一期LOUDNESS最後の作品となった「JEALOUSY」から30年ぶりとなるライヴ・パフォーマンス、メンバーいわく“「HURRICANE EYES」の後にあのままレコーディングしていたら、こんなアルバムになったはず”という最新作「RISE TO GLORY」、これら3作品からの楽曲を、高崎晃の冴え渡るギター・プレイ、ますます伸び行く二井原実のヴォーカル、そして地を這う山下昌良のベースと、それに絡み合うサポート・ドラマー西田竜一の強力なリズム隊。
2018年から一年間この布陣で世界を股にかけ活動してきた集大成ともよべるライヴで、当時を知るコアファンから、原体験していない最近のファンまでを狂喜乱舞させた、あのツアーの感動が蘇ります。
さらにアンコールでは現在もリハビリに励む、現ドラマー/鈴木政行が、より力強くなって戻ってきた現在の姿も収録!!

封入されるブックレットには当日のパフォーマンス写真が多数掲載されているが、それだけはなく、87年、88年当時のパフォーマンス写真も掲載。

時を超え、世代や国境を超えて活躍するLOUDNESS、きたる40周年へむけて、来年も精力的に活動していく彼らの現在を耳に、そして目に焼き付けろ!!
【購入特典】
Amazon:デカジャケット
他ショップ:オリジナルA4クリアファイル
※取扱いが無い場合もございます。事前にお店へのご確認お願いいたします。

<収録曲>
(Disc1) ※CD
1. S.D.I.
2. THIS LONELY HEART
3. JEALOUSY
4. ROCK THIS WAY
5. IN THIS WORLD BEYOND
6. NO LIMITS
7. SOUL ON FIRE
8. I'M STILL ALIVE~Dr.Solo
9. WHY AND FOR WHOM
10. IN MY DREAMS
11. SO LONELY

(Disc2) ※CD
1. ROCK'N ROLL GYPSY
2. LONG DISTANCE LOVE
3. HEAVIER THAN HELL
4. DREAMER AND SCREAMER
5. DIE OF HUNGER
6. CRAZY NIGHTS
7. CRAZY DOCTOR
8. ESPER

(Disc 3)※DVD
(Disc3)
OPENING ~
S.D.I.
THIS LONELY HEART
JEALOUSY
ROCK THIS WAY
IN THIS WORLD BEYOND
NO LIMITS
SOUL ON FIRE
I'M STILL ALIVE~Dr.Solo
WHY AND FOR WHOM
IN MY DREAMS
SO LONELY
ROCK'N ROLL GYPSY
LONG DISTANCE LOVE
HEAVIER THAN HELL
DREAMER AND SCREAMER
DIE OF HUNGER
CRAZY NIGHTS
CRAZY DOCTOR
ESPER
~ ENDING



◆ライヴ情報
LOUDNESS World Tour 2019-2020
THANK YOU FOR ALL
Chapter1: Ampan vs Dragon
12/28(土) EX THEATER ROPPONGI
17:00開場 18:00開演
※SOLD OUT!!

Rock Beats Cancer Presents
LAZY "宇宙船地球号"完全再現ライヴ!!
12/27(金) EX THEATER ROPPONGI
17:30開場 18:30開演

海外フェスも続々決定中!

HELL AND HEAVEN FESTIVAL(メキシコ)
https://hellandheavenfest.com/

KEEP IT TRUE FESTIVAL(ドイツ)
https://www.facebook.com/keepittruefestival/

ROCK THE NIGHT FESTIVAL(スペイン)
https://www.rockthenightfestival.es/

ODAL ROCK FESTIVAL(ノルウェー)
https://www.odalrockefestival.no/