12/27 Rock Beats Cancer Presents LAZY『宇宙船地球号』完全再現ライヴ

国内アーティスト
“宇宙船地球号”完全再現ライヴ
今や年末恒例となった「Rock Beats Cancer」。昨年の様々なアーティストのコラボ企画から、今年はまた趣を変えて LAZY の名盤「宇宙船地球号」発売 40 周年を記念したバンド史上初となる“完全再現ライヴ”でのパフォーマンスが決定。スペシャル・ゲストにはアニソン界のロックユニット GRANRODEO を迎え、ステージに華を添えます。熱いロック魂がぶつかりあう年末の一夜を見逃すな!!
Rock Beats Cancer Presents
LAZY『宇宙船地球号』完全再現ライヴ
2019年12月27日(金)
会場:EX シアター六本木
SPECIAL GUEST:GRANRODEO
OPEN 17:30 / START 18:30
TICKETS スタンディング¥7,500/指定席¥9,000(各税込/1 ドリンク代別)

※未就学児(6歳未満)のご入場はお断り致します。

下記各サイトにて最速チケット先行を実施! 詳細は追ってご案内いたします。
◆HIGHWAY STAR CLUB (https://highwaystarclub.com)
◆ロデオ組 (https://granrodeo.jp)
◆クリエイティブマン 3A モバイル会員 (https://www.cmp-members.com/)
チケット一般発売日 :11/30(土)~

<問>クリエイティブマン 03-3499-6669
主催:MHF
後援:バンダイナムコアーツ / ハイウェイスター
企画・制作:KATANA MUSIC KK / クリエイティブマン
 (17886)

LAZY
1977年、史上最年少のロックバンドとして平均年齢 16 歳でデビュー。ビジュアル、音楽性共に 10 代の女性を中心に魅了した。しかしアイドルとして人気絶頂の中、突然の「ハードロック」宣言。日本のハードロック界の先駆者としてその後のシーンにも影響を及ぼす名盤「宇宙船地球号」を残し、わずか 3 年半という短い期間で解散してしまった「伝説のバンド」であった。
後に LOUDNESS,NEVERLAND,ソロシンガーと音楽界においてそれぞれが一線を秀でた活躍をみせる。1998 年
「ウルトラマンダイナ」ED テーマ「ULTRA HIGH」で 17 年振りに衝撃の再結成。同年にアルバム『Happy Time』を発売し完全復活を遂げる。独自の活動と並行し、2002 年には『宇宙船地球号 II』を発売、ライブなど活動を継続する中、2006 年ベースの田中宏幸、2008 年にドラムの樋口宗孝が永眠。故人の精神を継承し、2009 年4月には奥田民生、斉藤和義、JAM Project をサポートミュージシャンに迎え、初期シングル「感じてナイト」のリメイク曲「感じて Knight」を田中、樋口のライブ音源を使いアニメ『真マジンガー衝撃!Z 編』主題歌としてリリース。
2017 年には、デビュー40 周年記念のシングル「Slow and Steady」をリリースした。
Official Site :https://www.lantis.jp/special/lazy40th/

GRANRODEO
ロックユニット GRANRODEO(グランロデオ)とは、”KISHOW“(写真左)こと、声優でヴォーカリストとしても注目されている”谷山紀章“と、メロディアスな曲からハードなギターサウンド曲で J-POP、アニメーション、ゲーム音楽に幅広く楽曲を提供し、ギタリストとして活躍中の”e-ZUKA“(写真右)こと、”飯塚昌明“の 2 人組ユニット。楽曲につぎ込まれるアグレッシブさはどこか、彼らのかっこよさ、こだわりが光る。KISHOW の艶のあるセクシーなヴォーカルと、e-ZUKA のロックギターサウンドが融合。

Official Site : http://www.granrodeo.net/