15バンドが集結する ニッポン・アンダーグラウンド・フェスティバル 『激昂祭』 10月5日開催

国内アーティスト
和太鼓グラインドコア・バンドKANDARIVASとライブハウスWILDSIDE TOKYO が送るニッポン・アンダーグラウンド・フェスティバル『激昂祭(げきこうさい)』が2019年10月5日(土)新宿WILDSIDE TOKYOにて開催

ニッポンジンよ、激昂せよっ!

ニッポンジンよ、激昂せよっ!
KANDARIVAS & WILDSIDE TOKYO がお送りするニッポン・アンダーグラウンド・フェスティバル『激昂祭(げきこうさい)』が10月5日に開催!

KANDARIVAS & WILDSIDE TOKYO presents『第一回 激昂祭』

2019年10月5日(土)
会場:新宿WILDSIDE TOKYO
Open 13:30 / Start 14:00
料金:Adv ¥3,000+D / Door ¥3,500+D
チケット:e+/WildSide Tokyo/各バンド予約
【出演】
FORWARD / SHELLSHOCK / HAZARD / NECROPHILE / SHADY GLIMPSE / Su19b / VROOM / PORNOSTATE / RYDEEN / SLAMMING AVOID NUTS / MONQ / STRANGE / XYZAL / Muscoh / KANDARIVAS
『第一回 激昂祭』フライヤー

『第一回 激昂祭』フライヤー

激昂祭に向けてKANDARIVASのTOMOKIからメッセージ


和太鼓グラインド・コアとして国内のアンダーグラウンド・シーンだけでなく東南アジア・シーンからも絶大な支持を受けるKANDARIVASのリーダーTOMOKI<g,vo>から激昂祭についてのメッセージをいただきましたので紹介します。

コンセプトは、僕が格闘技に携わっているのでまさに全盛期の『PRIDE』そして格闘技界のおもちゃ箱『DEEP』のような異種格闘技戦をイメージしました。

僕たちKANDARIVASが別で主催する『EVERLOUD FESTIVAL』は国際的なイベントなので、逆に激昂祭は濃くニッポンを意識してフライヤーなども作成しました。

ニッポンには僕らが『ニッポンジンで良かった』と誇りに思えるような凄まじいバンドが沢山いらっしゃいます。

そういうバンドの方々の中でも普段あまり共演されないようなバンドを、今やラウドミュージックの聖地であるワイルドサイドトーキョーを通じて『ぜひとも観たい!』という強い想いから始まりました。

皆さん、ぜひ遊びに来て『ニッポン・アンダーグラウンド・シーン』を体感してください。
KANDARIVAS/TOMOKI
KANDARIVAS/TOMOKI

KANDARIVAS/TOMOKI

KANDARIVAS

KANDARIVAS