THE STEVE HILLAGE BAND & GONG の来日公演が8月に決定!

来日アーティスト
カンタベリー・ロックの最重要ギタリスト、 スティーヴ・ヒレッジが自身のバンドを率いて日本初公演が盟友GONGとのジョイント・ライヴで8月に決定した。
カンタベリー・ロックの最重要ギタリスト、 スティーヴ・ヒレッジが自身のバンドを率いて日本初公演が盟友GONGとのジョイント・ライヴで8月22日、23日に神奈川・川崎クラブチッタにて開催されることが決定した。


 (25705)

 (25706)


CLUB CITTA’ PRESENTS
【THE STEVE HILLAGE BAND & GONG 】
Back To Progressive Rock Japan Tour 2020 特別公演  (第 1 部:GONG / 第 2 部:The Steve Hillage Band アンコール:ジョイント・ライヴ)

【来日予定メンバー】
スティーヴ・ヒレッジ(Guitar, Lead Vocals)/ ミケット・ジローディ(Synthesizer, Vocals)/カヴス・トラビ(Guitar, Vocals)/ デイヴ・スタート(Bass, Vocals)/ファビオ・ゴルフェッティ(Glissando Guitar, Lead Guitar, Vocals)/ チェブ・ネトル(Drums, Vocals)/イアン・イースト(Saxophone, Flute)

<公演日程>  2020年 8/22(土),23(日)  会場:CLUB CITTA’
OPEN 16:00 / START 17:00  【全席指定】 前売¥12,000(税込)
*入場の際ドリンク代¥600 が別途必要となります

【TICKET INFORMATION】

【チケット先行販売情報】 ■[bayfm78「POWER ROCK TODAY」特別電話先行]*4/11(土)深夜 実施! 4/11(土)深夜 bayfm78「POWER ROCK TODAY」番組内にて、チケット特別電話先行を受付実施! ※番組用にご用意致しました”最前列を含む 優先的なお席”の受付となります。 ※お申込頂いたチケットは、翌日より、お近くのチケットぴあ窓口 もしくはセブンイレブンにてお引換頂けます。 ぜひお聞き逃しなく!

■[CLUB CITTA' ホームページ先行予約]※お振込み制 *4/11(土)~受付開始! 【受付 URL】https://clubcitta.co.jp/ticket/  
受付期間:4/11(土)午前 0:00~4/24(金)23:59  振込締切:予約日より 1 週間以内

■[SHOP 店頭先行販売]*4/18(土)~販売開始!
★ディスクユニオン 新宿プログレッシヴ・ロック館 03-3352-2141  
★目白ワールド・ディスク 03-3954-5348  
★RECOfan 渋谷 BEAM 店 03-3463-0171  
★タワーレコード川崎店 044-245-9522


【チケット一般発売情報】 一般発売日:5/2(土)
・チケットぴあ  0570-02-9999 https://t.pia.jp/(P コード:183-564)
・ローソンチケット  https://l-tike.com/(L コード:70172)
・e+ イープラス  https://eplus.jp  
・楽天チケット  http://r-t.jp

 (25708)

カンタベリー・ロックの最重要ギタリスト、 スティーヴ・ヒレッジ・バンドとして日本初公演! 盟友ゴングとのジョイント・ライヴで 遂にプログレへ完全回帰する!

ヒレッジのソロ『GREEN』『L』『FISH RISING』『MOTIVATION RADIO』の代表曲や ゴングの傑作『ラジオ・ノーム・インヴィジブル』など、 70 年代プログレ黄金期を網羅する 2 部制、日替わりの特別なセット・リスト

カンタベリー・ミュージックを代表するスーパー・ギタリスト、 スティーヴ・ヒレッジが遂にプログレッシヴ・ロック・シーン へと戻ってくる!スティーヴ・ヒレッジはアーザチェルやカー ンを経由してデイヴィッド・アレン率いるゴングに加入、『ラ ジオ・ノーム・インヴィジブル』3 部作の完成に貢献するなど カンタベリー・シーンの黄金期に大活躍したギタリストとして 知られ、さらにゴング脱退後のソロ活動における名盤の数々で 彼の知名度は決定付けられた。
近年はシステム 7 として活躍の 舞台をテクノ&アンビエント・ミュージックに移行させて 10 数回に及ぶ来日も経験しているが、プログレッシヴ・ロック・ ギタリストとしての活動は数えるほどしかなかった。ところが 昨年ヒレッジはゴングを自身のバンドとして迎えるかたちで 正式にツアーを開始したところ世界中で称賛され、英プログ・ マガジンによる 2019 年度読者人気投票のギタリスト部門で 7 位、PERSON OF 2019 部門では堂々3 位にランクインしてお り、相変わらずの人気の高さが窺える。
そのヒレッジがプログ レッシヴ・ロック・ギタリストとして来日公演を行うのは初め てであり、ソロ活動開始から 45 周年を記念した特別なセッ ト・リスト構成によるゴングとのジョイント・コンサートが日 本だけで実現する運びとなった。嬉しいことにヒレッジの音楽 には欠かせない、彼の長年のパートナーであるミケット・ジロ ーディの参加も決定し、まさにヒレッジ・ワールド全開のスペ ーシー・サウンドが再現されることになる。

一方、ゴングは今 年でレコード・デビュー50 周年を迎える。現在のゴングは創 始者デイヴィッド・アレンの遺志を継ぐ精鋭たちがオリジナ ル・ゴングと寸分違わぬ壮絶な演奏を繰りひろげて話題となっ ている。イラン出身のカヴス・トラビをはじめ、ブラジル出身 のファビオ・ゴルフェッティ、そしてイギリス人 3 人という多 国籍メンバー構成で、中でもドラムのチェブ・ネトルはピエー ル・ムーランの再来とまで言われる超絶テクニシャンであり、 ゴング人気の復興に一役買っている。ゴングは今回ヒレッジ・ バンドとしてもステージに立つので、出ずっぱりのパフォーマ ンスとなるわけだが、彼らの演奏技術の高さを体感できる絶好の機会になりそうだ。ゴングの黄金期の代表曲と、ヒレッジの 70 年代のソロ代表曲を網羅する特別な日替わりセット・リス トで、我々の度肝を抜いてくれるに違いない。
ヒレッジのレー ザービームのように鋭いギターとゴングの壮絶なパフォーマ ンス、そして複雑怪奇な演出によるスクリーンと眩いばかりの 光が融合した、これまでに見たことのないスペース・トリッ プ・ショウが繰りひろげられることだろう。ソフト・マシーン やキャラヴァンなどとは異なる音楽性を持ちながらも、正真正 銘カンタベリー・ミュージックの神髄が体験できる本物のパフ ォーマンスに期待したい。