毎年恒例デスメタル・グラインドの祭典『ASAKUSA Deathfest 2019』開催

Event
デスメタルに特化したインターナショナル・アンダーグラウンドフェスティバル。『ASAKUSA Deathfest 2019』日時 / 会場10月10日 - 新宿 Dues 10月11/12/13/14日 - 浅草 Gold Sounds 10月15日 - 小岩 Bushbash

Asakusa Deathfest 2019

デスメタルに特化したインターナショナル・アンダーグラウンドフェスティバル。

これまでにCONVULSE, WORMROT, SKELTAL REMAINS, SABBAT, COFFINSなど国際的に活躍するバンドをヘッドライナーに迎え2019年で4度目の開催となる浅草デスフェスト。

2019年のヘッドライナーは80年代後期に結成されDEATHと並んでテクニカル・プログレッシブデスメタルのオリジネーター的バンドの1つ、オランダのPESTILENCEが初来日。そしてインドネシアンデスメタルシーンの頂点に君臨するJASAD、21世紀以降で世界同時多発的に勃発したニュー・ウェーブ・オブ・オールドスクール・デスメタルシーンで素晴らしい賛辞を受けているアメリカのNECROTの3バンドがヘッドライナーとして出演。

日本からは80年代後期に結成し世界的にカルトな人気のTRANSGRESSORが再結成、グラインドコアレジェンド、324も再結成を果たしての復活ライブ。大阪からはデスメタルシーンとハードコアシーンを繋ぐドゥームドデスメタリック・ハードコア、SECOND TO NONEが、そしていまや世界的に最も知られた日本のデスメタルバンドとなったCOFFINSが出演。

前夜祭には2016年にも来日しSeason of mistと契約。多数のフェスに出演し続けているベルギーの若手デスメタル、CARNATIONが、後夜祭はアンダーグラウンドシーンでもっとも過激な腐臭を放ちカルトな人気となったデンマークのUNDERGANGがヘッドライナー。
その他、イタリア、オーストラリア、メキシコ、フランス、韓国など合計12ヶ国・30バンドが3会場にて6日間にわたり開催いたします。

メインフェス会場は浅草Gold Sounds、前夜祭は新宿Dues、後夜祭は小岩Bushbasuhにて。
アジア最大のアンダーグラウンド・デスメタルフェスティバルにぜひご来場くださりますようお願い申し上げます。

日時 / 会場
10月10日 - 新宿 Dues
10月11/12/13/14日 - 浅草 Gold Sounds
10月15日 - 小岩 Bushbash

オフィシャルサイト
http://asakusadeathfest.blogspot.com/

前売りチケット
ディスクユニオン (店頭のみ)
新宿 ヘヴィメタル館
渋谷 パンク ヘヴィメタル
御茶ノ水 ハード&ヘヴィ館

はるまげ堂 (オンライン・9/18販売終了)
http://obliteration.shop-pro.jp
 (16608)