Veppyとメタルな小部屋「レントゲンの写真がレコードに!?『BONE MUSIC展』」

Veppyとメタルな小部屋
2019年4月27日(土)から5月12日(日)まで東京/表参道のBA-TSU ART GALLERYで開催される『BONE MUSIC展 ~僕らはレコードを聴きたかった~』について

冷戦下のソビエト連邦(現ロシア)の時代の話


「BONE MUSIC」と聞いてピンっとくる人はどれくらいいるのだろう?

「BONE MUSIC」は1940年から1960年代のソビエト連邦(現ロシア)の時代までさかのぼる。
当時はかの地では厳しい統制が行われ、様々な文化もその対象であった。
音楽も例外ではなく、政府が認めた音楽は厳しく制限されていた。
中でもロックやジャズ等の音楽(アメリカ)を聴くことは禁じられ、それを破った者は厳しく罰せられたそうだ。

それでも音楽愛好家は政府の目を逃れ、好きな音楽を聴こうと戦っていた。
そこに登場したのが「BONE MUSIC」でである。
病院で不要になったレントゲン写真を手に入れ、自作のカッティング・マーシーンでその写真に溝を掘り密かに楽しんでいたのだった。
レントゲン写真には頭蓋骨や肋骨が写っており、その為「BONE MUSIC」と呼ばれることとなった。

2001年にミュージシャンの坂田明を司会にNHK総合で「地球に好奇心 追跡 幻の”ろっ骨レコード”~ロシア・冷戦下の青春~」という番組が放映されたので、それで知っている人がいるかもしれない。
ボーン・レコード (C) Photography by...

ボーン・レコード (C) Photography by Paul Heartfield

『BONE MUSIC展』国内・アジア初の企画展


その「BONE MUSIC」の展覧会がここ日本で開催されることとなった。
国内だけでなくアジア圏でも初の開催ということで注目もされている。

『BONE MUSIC展 ~僕らはレコードを聴きたかった~』というタイトルで2019年4月27日(土)から5月12日(日)まで東京/表参道のBA-TSU ART GALLERYにて開催予定となっている。

会場では同展のキュレーターを務めるスティーヴン・コーツとポール・ハートフィールドのコレクションである、貴重なビンテージ・ボーン・レコードに加え、録音機となるカッティングマシーンを展示をしている。
また会場ではボーンレコードに録音された実際の音源を聴くことができるとのことだ。

会期中は関連イベントの開催を予定されているとのことで、気になる方はオフィシャルサイトなどをチェックして欲しい。
過去海外での展示風景 Photo: Ivan Erof...

過去海外での展示風景 Photo: Ivan Erofeev (C) Garage Museum of Contemporary Art

過去海外での展示風景 Photo: Ivan Erof...

過去海外での展示風景 Photo: Ivan Erofeev (C) Garage Museum of Contemporary Art

「BONE MUSIC」とは


舞台は、1940年代から60年代の冷戦時代のソビエト。現在のロシアにあたるこの国では当時、音楽を含む全てのカルチャーが、国家によって検閲され、コントロールされていた。
そしてアメリカのジャズ、ロックンロールや一部のロシア音楽を聴くことを強く禁止した。
もし見つかれば間違いなく、”刑務所行き”という今では信じられない環境のなかで、それでもリスクを犯してでも、どうしても好きな音楽を聴きたかったアンダーグラウンド・サブカルチャーシーンの音楽ファン達。
彼らはなんと病院で不要となったレントゲン写真に、自作のカッティング・マシーンを使い音楽を録音し、「ボーン・レコード」を製作した。こうして国家に抵抗するソ連の音楽文化のアングラ 、「ボーン・ミュージック」は誕生した。
ボーン・レコード (C) Photography by...

ボーン・レコード (C) Photography by Paul Heartfield

ボーン・ミュージックストーリー、国内・アジア初の企画展

過去海外での展示風景 Photo: Ivan Erof...

過去海外での展示風景 Photo: Ivan Erofeev (C) Garage Museum of Contemporary Art


この「ボーン・ミュージック プロジェクト」は、本展キュレーターであるスティーヴン・コーツ氏、ポール・ハートフィールド氏両人によってキュレーションされ、2014年にロンドンで初めて展覧会として行われた後、約3年間に渡りイタリア、そしてこのストーリー誕生の地である旧ソビエト、現ロシアでの開催を経て、昨年のイスラエルに続き、日本での企画展としてアジアに初上陸することになった。
作曲家、音楽プロデューサーでもあるスティーヴン氏は、音楽活動を続ける傍ら、ロシアへの旅行中、サンクトペテルブルグの蚤の市でミュージック・トラック付きの骨盤のレントゲン写真に出会い、その見た目に衝撃を受けた。
その後、ボーン・レコードのストーリーが生まれた歴史背景等の研究を進め、「X-Ray AudioProject」として始動し、展覧会だけで無く、ドキュメンタリー、オンラインアーカイブ、図録やライブイベント等の手法によっても表現の場を広げている。

今回の展覧会では、スティーヴン氏、ポール氏両人のコレクションであるビンテージ・ボーンレコードを中心に、貴重な録音機となるカッティングマシーンを展示。
会場 BGM にて実際にボーン・レコードに録音された当時の音源も聴くことができる。

『BONE MUSIC展』キュレーター&各界からのメッセージ


●スティーヴン・コーツ(Bone Music展キュレーター)
今の日本人にとって、音楽はとても大事な存在であるのではないかという気がしています。
そしてこのプロジェクトにある”音楽とイメージ”の組み合わせを好きになって頂き、 ボーンミュージックの中にあるロマンティックなストーリーを理解してもらえればと思っています。
ボーン・ミュージック・プロジェクトは、1950代のソ連での出来事としてだけでは無く、今や広くユニバーサルストーリーとなり、音楽とアナログ盤カルチャーが好きな若者にも鑑賞してもらえればと思っています。
それでは日本の皆さんの反応を楽しみにしています。

●ピーター・バラカン(ブロードキャスター)
弾圧的な国家権力に対して一般の庶民はなかなか抵抗できないものですが、西洋の音楽を聞くことが許されなかったソヴィエト時代の音楽ファンは好きな音楽を手に入れる方法を一所懸命考え出しました。
どんな音楽でもオン・デマンドで自由に聞けるインターネットを当たり前に思っている我々が忘れがちなことですが、現在も世界の色々なところで音楽を含む様々な情報に接することができない人たちがいます。
21世紀型のX-ray recordはどこからどんな形で誕生することでしょう?


●藤原ヒロシ(音楽プロデューサー)
初めて知りました。随分前に「白兎の手法」の本を読んだんですが、ロシアってこんな感じなんですね。
閉ざされてるからこそのアイデア。面白い。奥深い。

●石野卓球(DJ, プロデューサー)
マテリアルとしてかっこいい!
自分のレントゲンに自分の曲カッティングした限定盤欲しい!
ジャケはFaustの手で。

●渡辺シュンスケ(Schroeder-Headz ミュージシャン)
音楽はパンやミルクの代わりには決してならないけれど、 楽しむことは、生きていく上で大切なことだと教えてくれる。
その奇跡のような美しさを持ったバイナルをこの目で見てみたい。

●Licaxxx(DJ)
BONE MUSICについては今回始めて知ったのですが、やはり制限された中での創造が生み出すモノが多々あることを、社会主義配下の時代や国のアートやデザインを見ると毎回教えられます。
私達が暮らす現代にも、道徳の定義や自分の所属する集団のステレオタイプによって制限されている環境というのは誰しもが体験していることだと思います。
そこをすり抜けていくアイディアを生み出す、好きなことに対する熱量と面白さの強度をみんなで体感したいです。

最後に


メタルな話題とは違うかもしれないが、その時代背景やその歴史に興味ある人もいるかもしれないと紹介してみました。
ちょうどゴールデン・ウィーク中の開催にもなりますので興味があったら足を運んでみてください。

BONE MUSIC展

イベント詳細

開催期間: 2019年4月27日(土)– 2019年5月12日(日)
      会期中無休
開館時間: 11:00 – 20:00
      但し、5月2日(木)はイベント開催のため17:00閉館
      最終入場は閉館の30分前
会場: BA-TSU ART GALLERY
主催: Sony Music Entertainment (Japan) Inc.
協力: Time Out Tokyo、Pioneer DJ Corporation
お問い合わせ: bonemusicjp@gmail.com

【入館料】
前売料金: 一般 1,200円 (税込)
プレミアムチケット: 2,400円 (ボーンレコードグッズ付き)(税込)
当日料金: 1,400円 (税込)

【販売期間】
前売券: 2019年3月7日(木)~2019年4月26日(金)
当日券: 2019年4月27日(土)~2019年5月12日(日)

この記事のキュレーター

別府 “VEPPY” 伸朗
別府 “VEPPY” 伸朗
埼玉の地方都市にてクズの様な生活を送っている兼業音楽ライター。
LOVEベルボトム!

この記事のキーワード