あなたを支配する"Master of Puppets"の正体!メタル心理学〜闇夜のヘヴィ・メンタルvol.4

メタル心理学~闇夜のヘヴィ・メンタル
あなたは自分の意思で自由に生きているだろうか?
実は誰もが、見えない力にコントロールされ、そして操られているとしたら?
人間の「こころ」を支配している〇〇〇〇の正体を暴く!!
Metallica’s new album – everything we know so far about the band’s 11th - NME (12000)

"Master of Puppets"はまさに彼らの人気を決定づけたマスターピースだ!

あなたの心を支配する”Master of Puppets"

質問をしよう....。

「〇〇リカ」に文字を入れるとしたら?



この問いに多くの人が「メタリカ」と即座にイメージしたんじゃないだろうか?
「アメリカ」や精神科医の「香山リカ」を想像した人はあまりいないと思う。

それではなぜ「メタリカ」を想像したのだろう?

それはこのコラムのタイトルに「Master of Puppets」という、メタリカを想像させるキーワードが入っているからだ。

あなたはこのコラムを読む前からすでに「今回のコラムはメタリカに関係あるに違いない」とイメージをしていたのだ。

人間は「無意識」的に多くのイメージを持っていて、実は多くのことがそのイメージによって支配されている。

例えば、自転車の運転などは、乗れるようになるまでは体重の移動方法とか、ペダルを漕ぐタイミングとか色々「意識」していたと思うが、慣れてくると他のことを考えていても楽勝で乗れるようになる。

「脳」がいちいち確認しなくても行動できるように、神経細胞のネットワークを「最適化」したのだ。

私たちはほとんど多くのことを「無意識」的に行っている。

思考もそうだ、”Master of Puppets”といえば「メタリカ」というようにほとんど無意識的に結びつけている。

このように多くのことがほとんど無意識的に連結しているのが人間の思考である。

あなたの「こころの支配者」その正体は?

BURRN!読者じゃない人に「メタルとは?」という質問をすれば、「うるさい」「革ジャン」「ロン毛」と言った回答が帰ってくることは容易に想像できる。

「メタルはうるさい」「メタルは革ジャン」「メタルはロン毛」その事実を確かめることなく、多くの人が即座にイメージをする。

このようなイメージの連鎖反応を「ビリーフ」という。

ビリーフとは、その人にとって「真実」であり、いちいち事実を確認しなくても頭の中で一定の処理をする「脳」のプログラミングだ。
ビリーフはその人の体験や学習によってインストールされたもので、どうでも良いことから、人生を左右するようなかなり重要なことまで数え切れないぐらいある。

メタルだってバラードはあるし、革ジャンを着ない人もいるし、ロン毛じゃない人もいる。

しかし、そんなことに興味のない人にとっては、「メタル=うるさい+革ジャン+ロン毛」で十分なのだ。

あとはメロイックサインでもしながらベロでも出しておけば「メタル」なのだ。

「ビリーフ」は、「メタル=うるさい」のように簡単なものから、その人の人生を左右するものまである。

例えば、子供の時に親が「楽な仕事なんてないのよ〜」とか仕事に対する苦労話を日常的に子供に語ったとする。

親としては仕事の重要性や尊さを伝えたつもりだったのだが、子供の脳には「仕事=苦労」というビリーフが出来上がってしまう。

そしてこのような子供が大人になると「苦労」するような「仕事」ばっかり引き受けてしまったりする。

なぜならその人にとって「仕事」とは「苦労」するものであって、「楽」をできるものではないからである。

お金に苦労する人は「金儲けは汚い」と思ってるかもしれないし、
結婚ができない人は「結婚は人生の墓場」だと思っているかもしれない。

そのすべてが、その人にとっては当たり前のことなので「意識」されることはなく「無意識」の領域にある。

そしてその「ビリーフ」を基に行動し、思考し、人生を形成していくのだ。

なぜならば、それがその人にとって当たり前のことだからだ!

つまり「ビリーフ」はその人の思考や行動を操り、人生さえも支配するのだ。

“Master of Puppets”の正体はあなたの「無意識」に潜む「ビリーフ」に他ならない!