チケットの買い方でわかる〜あなたの「脳」の仕組み メタル心理学〜闇夜のヘヴィ・メンタルvol.3

メタル心理学~闇夜のヘヴィ・メンタル
あなたの脳は ANTHRAX? それともJUDAS PRIEST?

あなたはチケットを買う時に、どのような「こころ持ち」で購入するのだろうか?
その時の心理状態であなたの「脳」の機能がわかる...としたら?

あなたの脳は何に影響を受けてるか?

あなたは大好きなアーティストのチケットを購入するとき、
どのような「こころ持ち」で購入に至るだろうか?

①売り切れたらいけないので、早めにチケットを買って安心したい

②少しでも若いチケット番号や、いい座席を手に入れると嬉しいので早めに買う

③行けなかったら困るので、公演ギリギリにチケットを買う

④仕事のスケジュール鬼のように調整してチケットを買う

この質問からあなたの「脳」の機能の一部がかいま見れるとしたらどうだろう?

人間の脳は「快楽」物質と言われているドーパミンに影響を受けやすいタイプと、
「安心」「安定」することで分泌されるセレトニンに影響を受けやすいタイプに別れる。

ドーパミンに影響を受けやすいタイプを「目的追求型」
セレトニンに影響を受けやすいタイプを「問題回避型」という。

① を選んだ人は「問題回避型」
チケットが売り切れてしまうという不安を払拭するために、いち早く購入するという行動に出る。
そしてチケットが手に入ることで安心を手に入れることができる。

②を選んだ人は「目的追求型」
「いいチケ番」や「いい座席」を手に入れるという「目的」のために、いち早く購入するという行動に出る。そして目的のものが手に入ることで快感を得ることができる。

③を選んだ人は「問題回避型」
もしかしたらチケット購入後に仕事や用事が入って「行けなくなる」という「問題」が起こらないように、ギリギリまでチケット購入をためらう。

④を選んだ人は「目的追求型」
ライブに行くという「目的」達成するために仕事を終わらすことにモチベーションをあげるている。


JUDAS PRIESTか? ANTHRAXか?

Judas Priest-Wacken Open Ai...

Judas Priest-Wacken Open Air 2018

"Breaking The Law" 当時いたいけな10代だった私は、この曲に影響を受けて信号無視、二人乗り、法を侵す日々だった!
いわば「目的追求型」がアクセルだとしたら、「問題回避型」はブレーキのようなもの。
50%の人はバランスよくどちらも持っていて、行動をコントロールしているが、
極端な「目的追求型」「問題回避型」25%づついるらしい。

ちなみに「悪者」は「目的追求型」、正義のヒーローは「問題回避型」だ。

「悪者」は「世界征服」とか「人類滅亡」とかの「目的」のために行動するが、
「正義のヒーロー」は「問題」が起こるまで登場しないからだ。

「目的追求型」の人のモチベーションをあげる時は、「目標」を明確にし、それが達成するとどのような「報酬(お金とは限らない)」を得ることができるか提示することが必要。

「問題回避型」の人には「それをやらないこと」で、どのような「問題」が起こるかを提示してあげればいいだろう。

Metalの曲でたとえたらANTHRAX の”I am The Law” は強い「問題回避型」で、
JUDAS PRIEST の”Beraking The Law”は強い「目的追求型」だ!

さて、あなたの脳は「目的追求型」か? 「問題回避型」か?
あなたの恋人は「目的追求型」か? 「問題回避型」か?
Anthrax Rockavaria 2016

Anthrax Rockavaria 2016

ANTHRAX "I am The Law" 「俺が法律だ!!」無法者をやっつけるイギリスのコミック「ジャッジドレッド」がテーマ。
今度は「法を守れ」だとさ〜。