革新的でありながらも大衆性の高いヘヴィ・メタル。 BABYMETAL『METAL GALAXY』

みんなのレビュー
2019年10月11日発売。BABYMETAL『METAL GALAXY』2CD/トイズファクトリー(TFCC-86687)
世界が注目する、BABYMETALの約3年半ぶりとなるサード・フルレングス・アルバムが世界同時発売となった。

早くもドイツのメディアが0点を付けたなんて話題となっているようだが、賛否両論あって当然の内容だろう。歴史を振り返ってみてもBABYMETAの周辺には常に議論が渦巻いていたではないか。“アリかナシか”なんてことは、とうの昔に決着済みだ。レビューを書く前に宣言しておこう。我々はBABYMETALを必要としている、と。

個人的にBABYMETALの素晴らしさは“METAL”を名乗っているところにあると以前から思っていた。大胆な名前だ。だからこそ出てくる音はメタルでなくてはならないわけで、このグループには逃げ道がないのである。なんて潔いのだろうか。だから冒頭のイントロダクション“FUTURE METAL”というタイトルに痺れてしまったのだ。メタルの未来を追求することがこのグループの使命であり、ここに「未来を見せてやる」との意思表明がなされていると解釈すれば、もはや男らしさすら感じてしまう。

きわめて革新的な楽曲が並んだディスク1が凄まじいことになっている。

アルバムのテーマ曲から続くのは、Tak Matsumotoをフューチャーした、アグレッシヴなビートのダンス歌謡にメタルが融合された“DA DA DANCE”。「ドイツ人にはわかるまい」と言いたくなるほどのドメスティック感に溢れた、どこか懐かしさを感じる楽曲だ。とはいえ、酷評する一部のドイツ人の頑固さ、僕はそれほど嫌いではなくて、あの国には日本独自の歌謡曲やアニソン文化が無いのだから仕方ないと感じたりもする。元々エレクトロが盛んな国なんだけど、さすがにTKは知らないだろうし。それにしてもこの曲、短冊のシングルCDで欲しくなってしまった。今も持っているけれども使い道のないアダプターを付けて再生してみたい。

キュートさをアダルティックに昇華させたお馴染みの“Elevator Girl”や、エスニック・メタル“Shanti Shanti Shanti”に続いて飛び出した、SABATONのヨアキム・ブローデンが参加のフォーク・メタル“Oh! MAJINAI”は驚愕だった。子供たちも喜びそうな楽曲で、「みんなのうた」に採用されてもおかしくない感じ。さらにPOLYPHIAのギタリストであるティモシー・ヘンソンとスコット・ルペイジが参加した“Brand New Day”はR&B歌謡とメタルを融合させたような感触だし、“↑↓←→BBAB”はサビが耳にこびりつく不思議な楽曲で、どちらもプログレッシヴ・メタル的である。ディスク1のラスト“Night Night Burn!”は、ラテンフレイバーをふりかけたメタル歌謡となっており、再び純日本人的な楽曲によって締められる。

1枚目ではやや荒々しさが足りないような気がしたのだが、凶暴性の高い楽曲はディスク2に並べられていた。イントロダクション的な“IN THE NAME OF”からのアリッサ・ホワイト=グラズをフィーチャーした“Distortion”の流れの格好良さ、頭がおかしくなりそうなほど常習性の高い“BxMxC”、メランコリックな“Shine”など、BABYMETALならではのメタルが凝縮されており、嬉しさが爆発した。もちろんディスク1に不満など無いのだが、なんとなく気分が晴れたような感じがした。オーラスのメロディック・スピード・メタルとしか言い様のない“Arkadia”にホッとしたのは事実である。

2枚一気に聴いて感じたのは、本作の完全再現ライブを観たいということ。革新的でありながらも大衆性の高いディスク1、従来のBABYMETALを踏襲しつつ数歩先に踏み込んだような感触のディスク2という色分けが明確でわかりやすい上に、曲の流れが非常によく練られており、通し聴きの快感が感じられるからだ。とにかく、この2枚組から得られる充実感は半端なものではなかった。

そして、それぞれの楽曲にしっかりと対応し、様々な表情をみせてくれるSU-METALの歌唱にもあらためて感服した。
背負ったメタルの十字架はいつか重くのしかかることになるかもしれないけれども、このままさらに突き進んで行って欲しいと願う次第である。

ちなみにBURRN!ONLINEはレビューに点数を付けない方針で、基本的にレビュアーが好きなものしか書かないし掲載しないんだが、今回は特別に点数を書いておこう。2枚合わせて300点。文句あるか。
BABYMETAL『METAL GALAXY』

BABYMETAL『METAL GALAXY』

2019年10月11日発売
レーベル:トイズファクトリー
品番:TFCC-86687
2CD

◆収録曲
Disc-1
01. FUTURE METAL
02. DA DA DANCE (feat. Tak Matsumoto)
03. Elevator Girl
04. Shanti Shanti Shanti
05. Oh! MAJINAI (feat. Joakim Brodén)
06. Brand New Day (feat. Tim Henson and Scott LePage)
07. ↑↓←→BBAB
08. Night Night Burn!

Disc-2
01. IN THE NAME OF
02. Distortion (feat. Alissa White-Gluz)
03. PA PA YA!! (feat. F.HERO)
04. BxMxC
05. Kagerou
06. Starlight
07. Shine
08. Arkadia