もしも自分以外にザ・ビートルズを知らなかったら一体どうなる!? ダニー・ボイル監督最新作『イエスタデイ』

みんなのレビュー
『イエスタデイ』2019年10月11日(金)公開
配給宣伝:東宝東和 ©Universal Pictures

映画『イエスタデイ』予告

脚本はラブコメの名手、リチャード・カーティス

ダニー・ボイル監督の最新作が10月11日より公開される。

『トレインスポッティング』は強烈だったし、『スラムドッグ$ミリオネア』も良かった。ロンドンオリンピック開幕式のインパクトはいまだ脳裏に焼き付いている。だから筆者はこの監督の作品ばとりあえず観ることにしているのだが、今回の『イエスタデイ』は大当たりだった。

「もしも自分以外にザ・ビートルズを知らない世界になってしまっていたとしたら!?」という設定のコメディ作品。脚本は『ラブ・アクチュアリー』、『ノッティングヒルの恋人』など、ラブコメの名手、リチャード・カーティス。軽めにアップテンポで話がどんどん進んでいく。ツッコミどころは当然あるのだけれども、まったく気にならならず後になって「アレ?」と思ったりするほど軽快であった。

主演のヒメーシュ・パテルのちょっと間の抜けた顔、リリー・ジェームズの美人すぎない親しみやすさが丁度良い具合にハマっている。エド・シーランが本人役で、カメオ出演ではなく重要な役で出演しており、これがなかなかイイ味を出しているところも面白い。

そしてなんといってもビートルズの楽曲が次々に流れてくるから楽しい。“イエスタデイ”を筆頭に、“イン・マイ・ライフ”、“バック・イン・ザ・U.S.S.R.”、“ヘルプ!”、“愛こそはすべて”等々、どれも馴染み深い。日本人的に、筆者の世代的に、ビートルズの曲は『ひらけ!ポンキッキ』で刷り込まれているから、ひたすら楽しく感じるのである。

それにしても、ビートルズがいないということを想像してみると、その後のロック・ミュージックの歴史は大きく変わってしまうことに気づく。例えばローリング・ストーンズの『サタニック・マジェスティーズ』はリリースされることがなく、ビーチボーイズも『ペット・サウンズ』を作らず、その後もずっとストライプのシャツを着続けたまま演奏していくということになる。矢沢とジョニーが出会ったとしてもキャロルのようなバンドは誕生せず、金沢明子の“イエローサブマリン音頭”なども生まれるわけがない。さらにジョンとヨーコが出会うわけもなく……これ以上書くとネタバレになるかもしれないので止めておくけれども、「ビートルズがいなかったら」と、わずか数秒考えただけでもこれだけのことが考えられるのである。
というか、こういう想像をするのって実に楽しいんだな。

『ボヘミアン・ラプソディ』や『ロケット・マン』など、最近は音楽を題材にした映画が好調のようだ。映画『イエスタデイ』は普通以上に面白い映画なので、おそらく大ヒットするだろう。サントラも日本盤がリリースされるようだし、これをきっかけに様々な人、とくに若い層にビートルズの音楽が広まれば最高だ。「もしもこの映画をきっかけにザ・ビートルズがブームになったら!?」。うん、すごくいいと思う。
 (17353)

 (17352)

 (17350)

 (17349)

 (17348)

◆ストーリー◆
昨日まで、世界中の誰もが知っていたビートルズ。今日、僕以外の誰も知らない―。
“イエスタデイ<昨日>”まで、地球上の誰もがザ・ビートルズを知っていた。しかし今日、彼らの名曲を覚えているのは世界で一人、ジャックだけ・・・ジャックは突然、信じられない不思議な世界に身を置くこととなってしまった!ジャックは、イギリスの小さな海辺の町に住む、悩めるシンガーソングライター。幼なじみで親友のエリーから献身的に支えられているもののまったく売れず、音楽で有名になりたいという夢に限界を感じていた。そんな時、世界規模で瞬間的な停電が起こり、彼は交通事故に遭う。昏睡状態から目を覚ますと、この世には史上最も有名なバンド、ザ・ビートルズが存在していなかったことになっていることに気づくが・・・。
 (17351)

『YESTERDAY』(原題)
監督:ダニー・ボイル(『トレインスポッティング』(96)、『スラムドッグ$ミリオネア』(08)、『127時間』(10)、ほか)
脚本:リチャード・カーティス(『フォー・ウェディング』(94)、『ラブ・アクチュアリー』(03)、『ノッティングヒルの恋人』(99)、ほか
製作:ティム・ビーヴァン、エリック・フェルナー、マット・ウィルキンソン、バーニー・ベルロー、リチャード・カーティス、ダニー・ボイル/製作総指揮:ニック・エンジェル、リー・ブレイザー
出演:ヒメーシュ・パテル(「イーストエンダーズ)、リリー・ジェームズ(『マンマ・ミーア!ヒア・ウィー・ゴー』)、ケイト・マッキノン(『ゴーストバスターズ』)、エド・シーラン(本人役) 
配給宣伝:東宝東和 ©Universal Pictures

サウンドトラック盤は10月2日発売

映画『イエスタデイ』オリジナル・サウンドトラック

映画『イエスタデイ』オリジナル・サウンドトラック

2019年10月2日発売
レーベル:ユニバーサルミュージック
品番:UICY-15834/2,500円+税

◆収録曲目
01. イエスタデイ(フロム・ザ・フィルム『イエスタデイ』)*
YESTERDAY (FROM THE FILM ‘YESTERDAY’)
02. ザ・ワールド・イズ・ユニバーサル(ユニバーサル・ファンファーレ)
THE WORLD IS UNIVERSAL (UNIVERSAL FANFARE)
03. サマー・ソング(フロム・ザ・フィルム『イエスタデイ』)
SUMMER SONG (FROM THE FILM ‘YESTERDAY’)
04. インタールードⅠ:ア・デイ・イン・ザ・ライフ*
INTERLUDE I: A DAY IN THE LIFE
05. アイ・ソー・ハー・スタンディング・ゼア(トラックス・オン・ザ・トラックス・セッションズ)*
I SAW HER STANDING THERE (TRACKS ON THE TRACKS SESSIONS)
06. サムシング(フロム・ジ・アルバム『ワン・マン・オンリー』)**
SOMETHING (FROM THE ALBUM ‘ONE MAN ONLY’)
07. レット・イット・ビー(フロム・ジ・アルバム『ワン・マン・オンリー』)*
LET IT BE (FROM THE ALBUM ‘ONE MAN ONLY’)
08. インタールードⅡ:ストロベリーズ
INTERLUDE II: STRWBERRIES
09. キャリー・ザット・ウェイト(フロム・ザ・フィルム『イエスタデイ』)*
CARRY THAT WEIGHT (FROM THE FILM ‘YESTERDAY’)
10. ヒア・カムズ・ザ・サン(フロム・ジ・アルバム『ワン・マン・オンリー』)**
HERE COMES THE SUN (FROM THE ALBUM ‘ONE MAN ONLY’)
11. ザ・ロング・アンド・ワインディング・ロード(レコーデッド・バックステージ)*
THE LONG & WINDING ROAD (RECORDED BACKSTAGE)
12. インタールードIII:ゴーレストン・ビーチ
INTERLUDE III: GORLESTON BEACH
13. ヘルプ!(ライヴ・アット・ピアー・ホテル)*
HELP! (LIVE AT PIER HOTEL)
14. イエスタデイ(フロム・ジ・アルバム『ワン・マン・オンリー』)*
YESTERDAY (FROM THE ALBUM ‘ONE MAN ONLY’)
15. シー・ラヴズ・ユー(トラックス・オン・ザ・トラックス・セッションズ)*
SHE LOVES YOU (TRACKS ON THE TRACKS SESSIONS)
16. ハード・デイズ・ナイト(フロム・ジ・アルバム『ワン・マン・オンリー』)*
A HARD DAY’S NIGHT (FROM THE ALBUM ‘ONE MAN ONLY’)
17. サムシング(フロム・ザ・フィルム『イエスタデイ』**
SOMETHING (FROM THE FILM ‘YESTERDAY’)
18. イン・マイ・ライフ(フロム・ジ・アルバム『ワン・マン・オンリー』)*
IN MY LIFE (FROM THE ALBUM ‘ONE MAN ONLY’)
19. インタールードIV:トレイン・トラックス
INTERLUDE IV: TRAIN TRACKS
20. 抱きしめたい(トラックス・オン・ザ・トラックス・セッションズ)*
I WANT TO HOLD YOUR HAND (TRACKS ON THE TRACKS SESSIONS)
21. バック・イン・ザ・U.S.S.R.(ライヴ・アット・ウエンブリー)*
BACK IN THE USSR (LIVE AT WEMBLY)
22. 愛こそはすべて(ライヴ・アット・ウエンブリー)*
ALL YOU NEED IS LOVE (LIVE AT WEMBLY)
23. インタールードV:イエスタデイズ・レイン
INTERLUDE V: YESTERDAY’S RAIN
24. ザ・ロング・アンド・ワインディング・ロード(フロム・ジ・アルバム『ワン・マン・オンリー』)*
THE LONG & WINDING ROAD (FROM THE ALBUM ‘ONE MAN ONLY’)
25. ヘイ・ジュード(フロム・ジ・アルバム『ワン・マン・オンリー』)*
HEY JUDE (FROM THE ALBUM ‘ONE MAN ONLY’)
26. オブ・ラ・ディ、オブ・ラ・ダ(ライヴ・アット・クリーヴズ・スクール)*
OB-LA-DI-, OB-LA-DA (LIVE AT CLEVE’S SCHOOL)
27. インタールードVI:ライフ・ゴーズ・オン
INTERLUDE VI: LIFE GOES ON

*作詞作曲:ジョン・レノン/ポール・マッカートニー
**作詞作曲:ジョージ・ハリスン