Russ Tippinsの新バンド、TANITH『In Another Time』はマニア好みすぎる傑作。

みんなのレビュー
TANITH『In Another Time』(Metal Blade Records)2019年5月24日リリース。
米NY出身、ヴィンテージ・ハードロック・バンドのデビュー・アルバム。
このバンドの中心人物はギタリストのRuss Tippinsである。知る人ぞ知るこのギタリストは、1979年よりバンド活動を開始し、レコードデビューは1983年だというからキャリアは相当長い。SATAN~BLIND FURY~PARAIAHと経歴がいちいちマニア好みで泣かせてくれる。

英ニューカッスル・アポン・タイン出身の彼は現在NYに移住しており、新天地で始動させたこのニューグループもまたB級メタルマニアのツボを刺激しまくりの内容であった。

ちなみに、このアルバムの前にリリースした7インチシングル「Citadel」のジャケットはこちら。
 (13501)

もうすぐ2010年代が終わろうとしているというのに、このアートワークである。ここから推察できるのは、Russ Tippinsという人が根っからのB級体質なのか、狙っているのか、そのどちらかだということ。いずれにせよこのB級感は素晴らしいと思う。

その7インチ盤の表題曲がアルバムのオープニングナンバー。イントロからNWOBHM的展開で、好き者であるならば顔がほころぶこと間違いなし。このアルバムにはツインギター、曲展開、湿り気がまとわりついたサウンド等々、いちいち泣かせてくれるポイントが多く詰まっている。THINLIZZYやUFOといった70年代王道ブリティッシュ・ハードロックをベースに、あえて80年代初頭のメタル楽曲を作り出しているようだ。とはいえいわゆるNWOTHMとも何かが違う。男女ツインボーカルによって楽曲に彩りを与えているものの、洗練された感じが無いという辺りも非常にポイントが高い。

これは間違いないだろう。作り手がファンの喜ぶツボを把握しているからこその楽曲、サウンドだということ。再始動した最近のSATANも同様だと思うが、これは確信犯というやつだ。

YouTubeでもフル視聴可能なので是非。
TANITH / In Another Time

TANITH / In Another Time

◆収録曲
1. Citadel (Galantia Pt. 1)
2. Book of Changes
3. Wing of the Owl (Galantia Pt. 3)
4. Cassini’s Deadly Plunge
5. Under the Stars
6. Mountain
7. Eleven Years
8. Dionysus
9. Under the Stars (Reprise)

Tanith "In Another Time" (FULL ALBUM)